Happy-Go-Lucky2

犬や猫などのペット話、 日常のヨタ話を気ままに綴っています。

04月≪ 05月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜の下で。

駅へ続く道、満開の桜の下を 朝早く歩いてみた。
ひとりで歩くのは やっぱりちょっとさみしいものが。
DSCN2425-3.jpg

毎朝 散歩で通っていた道。
春が近づくと ここの桜が咲くのが楽しみでしかたなかった。
DSCN2430.jpg DSCN2436.jpg DSCN2434.jpg

振りかえると この道を歩く自分とリュウタがそこに、
今 そこを歩いているかの錯覚にとらわれる。
DSCN2429-2.jpg

フツーに 過ごしていたこと。
ごくごくフツーに 一緒に歩いてたこと、何でもないことが本当に幸せやったと思える。

もうすぐリュウタが旅立って半年。
月日がたつのは本当に早いなぁって思う。

なんかねー 知らない間に秋から冬になって・・ もう春。
桜も もう、そろそろ散ろうとしてる。 
季節はどんどん移り変わってるのに ただ あの子だけがいない。

家では リュウタがいた頃と変わらず朝夕のゴハン、お昼と晩のオヤツやヤギミルクを
つくって供える。  亡くなってから49日までは、いや100ヵ日までは~ 
なんて言いながら 結局 1周忌までは つくることにみんなで決めた。
食いしん坊やったあの子のために。

介護中は全部 私がつくっていたのだけど いなくなってからは 母が。
母がドライフードをはかり、ふやかし~ じゃがいもやさつまいも・・
大好きだったブロッコリーをゆでて お魚を焼いてほぐしたり、ササミやお肉をゆでて
細かくきざんだり。   

もういないのにね。 
供えてもガツガツ食べるあの子はいなくて全然減らないのにね。
 
父は相変わらず 天気が良いと毎日、写真とお骨を移動して 日向ぼっこさせている。 
でもあんまり リュウタの話をしない。
 
母も私のようにいつまでも ぐずぐず・・ではない。
妹も 家に来てもリュウタの話なんて全然しない。
みんな忘れるはずなんてないってわかってるのに~
多分、いちいち口に出すか出さないかだけだと思う。 わかってるよ。
だけどね、だけど なんだか すごくさみしい。

家族だって それぞれ考え方も違うし 色々想うことあるだろうし。
でも ゴハンも日向ぼっこも慣習的にやってるだけのような気がしたり。
みんなどんどん忘れていってるんじゃないかと思えたり~ ひねくれてるなぁ(笑)

甥っ子さんも 子供やから仕方ないんやけどー
リュウタが亡くなった直後は毎回家にくるたびに リュウちゃん どこ行った~って
探し回ったりしたのに。
 
リュウタに供えてあるお菓子が欲しくて欲しくて 気になってしょうがないのに、
それはリュウちゃんのお菓子やから食べたらあかんよって言うと 素直にハーイって
言って手もつけなかったのに。
なのに 最近は リュウタに供えてあるお菓子を平気で食べようとする。 
それはリュウちゃんのお菓子やよ、って言うと 
『なんでー?リュウちゃん もうおらへんやん。』そう返事するようになった。

小さいながらに もうリュウタが死んでいなくなったことがわかったんだろうと思うけど
こんな風に言われると とてもさみしい。
リュウタがいたころは くるたんびに 背中をなでてくれたりしてたのにな。

だけど、仕方ないね。



私は元気。 仕事も行くし ゴハンも今まで以上にいっぱい食べるし(笑)
外へも出かけるし 人とも会うし~
リュウタを想って いつまでも泣いたりするけど~ でも元気。

家に帰っても お散歩が待ちきれなくて玄関で待っていてくれるリュウタがもういないと
思うとさみしいだけ。  
仕事から戻って リビングのドアを開けると、元気なときはあまりふらなかった尻尾を
器用にふって 不自由な体でなんとか私のほうへ来ようともぞもぞした姿や
顔をあげて キョロキョロと私を探す姿、
だんだん体が動かなくなって目で追うだけになっちゃったけど・・
そういうリュウタがもういないと思うとさみしいだけ。

若い頃はガウってガウって毎日ガウりまくって~(笑)
楽しくて幸せな思い出がいっぱい。
さみしいけど 私は病気などすることなく元気に過ごしている。
お酒いっぱい飲むのにね!(笑) ありがたいことに どっこも悪くない!


リュウタ~ お姉ちゃんは元気やよー
でも アンタがいないからさみしいよー
夢でええから会いにおいでー 薄情者め!



今日は桜の下を歩きながら たくさん昔のことを思い出した。
ワンコ連れの人(散歩中)4組にも会ったから。 
偶然なんだけど全部柴っこ♪ 
たて続けに 柴っこに会って どの子も撫でさせてもらって嬉しかったけど
リュウタがいちば~~~ん 可愛いよ☆
死ぬまでリュウタがいちばん。 いちばん可愛い☆
スポンサーサイト

コメント

りん子さんへ

アハハ お酒飲んでるよ~ 量がすごく増えちゃった(笑)
ゴハンもお菓子も食べているよ。
頑張って仕事も行っているよ~v-91
ただ 無償にさみしかったり 張り合いがなかったりするだけ。

りん子さんは もともと食が細そうやから(私に比べたら) 悲しいことや
嫌なことがあっても お酒だけなんてダメだよ。
ちゃんとお腹に何かいれないとね。 大事な娘がいるんやから また
入院なんてことになったら大変やん! 気をつけてね。

みんな今でもリュウタのことは忘れてないと思うんやけど~
あまり口にしないからね・・ 余計さみしいよ。
リュウタの気配も全然感じないしさー ちゃんと供えてるお菓子や
ゴハン食べてるかなぁって思う。
傍にいてくれてるなら嬉しいんだけどね、贅沢だから 姿見せて
欲しいなとか 匂いや感触とか~ 夢でも会いたいって思っちゃう。
あんまり そんなことばかり考えてたら ウザイって思って余計
出て来てくれないかもね、あの子の性格なら(笑)

ロッタとパーシーのおかあさんへ

うん うん 私は元気ですよ。 おかげさまで病気ひとつせず・・(笑)
でも リュウタいないさみしさは 変わらないというより どんどん深く
なっている気がします。 半年たっても 毎日毎朝 出勤する道すがら
ここをリュウタと一緒に歩いたと思うと涙がこぼれます。
春には春の夏には夏の・・・ 秋には秋の冬には冬の思い出が
16年分ありますから・・。

きっと1年たっても2年たっても 10年たっても私は変わらないと
思います。 時間が巻き戻せたらな~って本当に思いますけれど
無理なのはわかっているしね(笑)
毎日 オヤツやゴハンを供えてるんですが 気配なんて全然ですよ~!
もう家のどこにもいないんじゃないかと思うくらい。
私が鈍感なのか リュウタが薄情なのか~ ほんとにねぇ。

時間は流れて・・ どんどん月日がたってしまって ブログも更新して
いないのに こうしてコメントをいただけること すごく嬉しいです。
ロッタとパーシーのおかあさん、リュウタを忘れずにいてくれて
本当にありがとうね~~☆

あわさんへ

こんにちはー ご無沙汰ばっかりしちゃってすいません。
こちらは桜がもう散ってしまいましたが 冬に逆戻りしたような寒さが
ここ数日続きました。 そっちはもっと寒かったんでしょうね!
冬も好きなんだけど やはり新緑の季節が待ち遠しいです~

あのね、全く同じこと言われたことあるの。
出会いって縁のものだし いつかまた・・ 家に次の子が来たとしたら
ウチに限らずね、どんな子が来たとしても 必ず縁あって来るんだって。

あわさんがおっしゃるように 必ず 前の子がお空にいて、生まれ変わる
準備をしているときに あのお家へ行けばいいよ、幸せになれるよって
別の子に教えるんだって~ 
ワンコが来るとは限らないし 猫ちゃんの場合もあるんだけどね。 
そういう風に言われたことがあります。

できるならば 本当にリュウタに生まれ変わって来てほしいですけど。

自分がどうしたいのかわからないんですよねぇ。
父などは リュウタが亡くなったときのことがとてもショックだったようで
あんなにかわいそうな目に合うのを(どの子でも最後は死ぬでしょ)
見るのは辛いし 自分たちも年をとって 逆に介護されなきゃならない
年に近づいて行くし 次の子が年をとったときに リュウタにしたように
介護してあげることができないって言います。
母は今まで 何度も犬を飼っているから欲しいみたいだけど 父の言う
ことも一理あるしね。 なにより 大きな病気をすると(実際リュウタが
そうでしたが)ものすごく医療費もかかるし~ 
必ずまた 悲しい別れがあるから・・って いつも言われてます。

私はね いつかまたワンコと暮らしたい、歩きたいって思ってます。
でもそれは 本当にいつのことか全然わからないのです。
色んなことを考えると 無理なような気もするし それでも どの子を
見てもリュウタのことを思い出して ワンコと暮らす幸せや楽しさを
想像してみたり~ フクザツです。
全然 不快なんかじゃないですよー
私の隣にワンコがいるべきだなんて 言ってくださってありがとう~
とても嬉しいです。 リュウタがいてくれたら~ また ウチへ戻って
来てくれたらいいのになーって 心の底から思ってます。

greendogさんが、元気でお酒を飲んでいらっしゃる事がホットしました(^^ゞ
ご飯はいっぱい食べれているしね(^^)
私は気分がふさぎこむと、食べずに飲むから病気になったんだと思う(^^ゞ

ご家族の方の、日常の中のリュウタ君。
本当に大事にされていますね。
リュウタ君、幸せだよね。
ずーとgreendogさんと一緒に、今も今の時を感じていると思う。
薄情じゃないよ~。
きっと今も何気に傍にいると思うよ~。

こんにちは~!
ちょこっとずつ元気を取り戻されてて~ご飯が食べれてて~(^_^.)何よりです~。

(T_T)でも・・やっぱ泣けちゃいます~・・
もう半年も経つんですね・・でも、半年ではなかなか癒えないですよね・・
ご家族が~口に出さないのは~みんな涙がこぼれちゃいそうになるからなんじゃないんですか・・?
リュウタくんの為に今でもお供えをされてらして~・・本当に素晴らしいご家族ですよね~・・リュウタくんが、ちゃんと食べに来てる気配を感じてますか?ウマイ!ウマイ!って、喜んで食べてるんでしょうね~。
あーーーっ!!でもでも時間が巻き戻せるなら~!!って、思っちゃいますよね~・・私も~・・時間を止めてしまいたい!!って、思っちゃいます~。

桜は~美しく・・また来年も同じ様に美しく咲くんですね~・・・時間は流れて行くものなんですね~・・切ないです・・

ご無沙汰しておりました。

見事な桜ですね。こちらはまだ蕾が固いです。

記事を読んでいて、こんなことを言うのはまだちょっと早いのかもしれないけど、greendogさん、またわんこを迎えられたらいいのになと思いました。
勿論、リュウタさんの代わりにという意味ではないんですよ。
どのわんこだって、「愛しいあの子」の代わりにはなれないものなのはよく知ってますから。
ただ、greendogさんの隣にはわんこが一緒に歩いているべきだと思ったんです。
リュウタさんは、「あの家なら大事にしてもらえるから、あの家へ行きな。」って、これからこの世へ向かって旅立つわんこに囁いていないのかしら?
それともリュウタさんのことだから、いっそ自分がもう一度とこの世に向かって来てないかしら?

桜の下をお散歩するリュウタさんを見て、そんな風に思ってしまいました。
もしもご不快になるコメントでしたら、本当にごめんなさい。

★ 同じだよね。

くぅちゃんさんへ

私もね~ 毎日 心の中でリュウタのことばかり考えながら、でも
普通に過ごしています。 仕事中 涙がこぼれそうになることもあるけど
それでも 普通に働いているし 友達ともしゃべるし出かけるよ。
でも ひとりになると いつまだたってもウダウダと考えちゃって。
人それぞれだから 時間なんて関係ないと思うよ~

だけど まだ そんなこと言ってるの 頑張って乗り越えなきゃって
言われることもある。  そうですよね、何年たっても同じ・・
きっと私たちが死ぬまで 愛おしい あの子たちのこと想ってる。

私もルナたんのマネしたよ(笑)
落ちてる桜の花をひろって グラスに浮かべて供えてあげた。
毎年 毎年 桜、きれいね。 風が気持ちいいね、って話しながら
歩いてたもん。 
私たちが笑っていなきゃ~ 泣いてばかりじゃ あの子たち いつまで
たっても自由になれないんじゃないかって・・ 思うこともある。
だから できるだけ 笑顔でって思うの。 
だけど 無理するとあとで 絶対泣いちゃうからさ、 ゆっくり行こう。
こうして グジグジ うだうだ 泣いて 会いたい 会いたいって
言ってもいいと思うの。  時がたてばたつほど さみしさがつのるけど
それだけじゃないしね~ さみしいけど 幸せだったと いっぱい楽しい
思い出をくれたとも 思えるし。
ほかの人が1年で立ち直るところ 私たちは 10年かかっても20年
かかってもいいじゃない。 泣きながら ゆっくり行こうね。

★ ありがとうね♪

りぼんねこさんへ

ありがとう~ ありがとうね~☆
ねこちゃん やっともどってきてくれたんやね! 待ってたよ~~
元気になってくれて嬉しいよ。

私も元気・・
でも でもね~ わかるでしょ。 わかるよね。
どうしようもない気持ちはいつまだたっても変わらない。
ねこちゃんと違ってさ、ゴハンなんて ばくばく食べれるんだよ。
お菓子も食べてるよ(笑)
でも 毎日 お風呂にはいってるときとか 朝お化粧してるときとか
思い出しては泣けちゃって~
今日は仕事中に頭から離れなくって また涙・・(T_T)
いつまでこんなこと言ってるんだろうね。

毎日 ちっとも楽しくないよ。 家族の会話も減ったし 心の底から
笑うこともないし。 
ねこちゃんも くうちゃんさんもそうだし ほかにも愛する子を失った、
同じ気持ちのお友だち、たくさんいるの。
だからね、ひとりじゃないし こうして一緒に泣いてもらえるでしょ。
とても救われてるの。 ありがとうね。
リュウタのこと 可愛いって言ってくれて 本当にありがとう。
私もPCに保存してる 旅ちゃんの写真、昨日見てたんだ~
あの子たち 今どこにいるんだろうね。
会いたいな。 すごく会いたくてしかたない。
だけど 与えられた寿命があるから 生きなきゃね・・
あの子たちがくれた 温かい幸せを胸に生きていかなきゃ。 
ツライね、せつないね。

でも頑張るよ。

★ メソメソ友達 2

私も泣きました。泣きながら読みました。
ホント同じ。同じ気持ちです。
だいたい普段は大丈夫なんだけど
どうしようもなくダメな日があったり
いきなり涙のスイッチが入っちゃったり
まだまだ不安定な胸の内です。
時間の経過が皆、違うんだろうね。
半年も経つのにまだこんなんでいる私を
理解できないでいる人もいるし
まだマッキーを思って泣く事があるなんて
夢にも思ってない人もいる。
でもそんなもんじゃないよね。
1年経とうが10年経とうが何年経ったって
忘れる事なんてできない。あんなにも愛おしく
まだまだ今もまったく変りなく・・・いやいや
会えない今はさらに愛おしい存在なのに。

今年はルナたんの真似をして散歩コースだった
公園の桜が落ちているのをもらってきて
マッキーの前に飾りました。去年、来年も一緒に
見ようねって約束したから。そして自分の膝の上を
指差して「マッキー、お姉ちゃんのここあいてるよ。」って言って、
そのあと「春日みたいだね。」って思わず笑っちゃた。
マッキーも笑ってくれたかな・・・。

★ メソメソ友達

<dogちゃんの気持ち、凄く分ります。
途中から涙が止まらなくなって、読めなくなってしまいました。
ダメだなぁ~。

私もブログに復活しました。
体重も戻ってきましたし、仕事も少しづつ始めました。
でも、大好きなあの子のことは忘れない
一年経ってもご飯の用意をするし、小太郎の散歩に行く時は
同じように旅助にも声をかけて
リードも持って出かける。
チョットしたきっかけで涙が出ちゃうのも一緒です。

リュウタ君は目に見えないだけで
やっぱりdogちゃんと2人で一つ。ワンセットだと思います。
あんなに心が結びついていたんだもの。
どうやっても切れない『縁』があるんだよ。
私はリュウタ君に直接会った事は無いけれど
このブログを通してリュウタ君を身近に感じていました。
私にとっても柴犬で一番可愛いのはリュウタ君。
ずっとずっと大好きです(^◇^)

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

探しています!

プロフィール

greendog

Author:greendog
遊びに来てくれてありがとう!
ひと言コメントいただければ
嬉しいですぅ~~!♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。