Happy-Go-Lucky2

犬や猫などのペット話、 日常のヨタ話を気ままに綴っています。

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルナたん、またね。

私の可愛いお友だち、そしてリュウタの年上の彼女 ルナたんが
1月20日 午前1時8分 静かに・・ 眠るように・・
18年と7ヶ月と26日の生涯を閉じました。

飼い主である みどりんさんがそう望んだとおり、静かにゆっくりと 優しいおとうたんに
見守られ 大好きなおかあたんの腕の中で安らかな眠りにつきました。 

20090419_08s.jpg
穏やかに眠るように苦しまず旅立ったと言っても 長い間 ずっとずっと一緒にいたん
やもん、愛してやまない娘なんやもん どんな旅立ち方であれ みどりんさんの悲しみ 
さみしさ 辛さをおもうと かける言葉もみつかりません。




みどりんさんのブログはいつもルナたんへの愛情があふれていて 可愛くて面白くて
ルナたんの愛らしいしぐさに 元気をたくさんたくさんもらいました。
DSCN0488-3.jpg
年をとってもいつまでも子犬のようにあどけないルナたんが大好きやよ。

ずいぶん前 おかあたんが私のブログに来てくれて その後はじめておかあたんの
前のブログに遊びに行って ルナたんを見たとき なんて可愛らしい柴っ子や!って
思ったんよ。 あの頃はリュウタもガウガウ元気やったし ルナたんもまだまだ
元気いっぱいでお散歩へ行ってたよね。 懐かしいよ~

お家にも来てくれたね。 初デート、楽しかったね。
ルナたんを抱っこさせてくれたときは嬉しかったよ♪ 小さくて 柔らかくてホワホワで。


今年の春は桜の下でまた会えるって思ってたんやで。
満開の桜の下で ピンクが似合うルナたんと また会えるって。
20090413_2s.jpg
たいそうやって思われるかもやけど
私はね、リュウタが亡くなった直後から もう自分は生きてる意味がないと思った。
可愛い可愛いリュウタがいないなんて どうしたらいいかわからない。
リュウタだけが生きがいやったし支えやった。
リュウタのそばへ行きたい 死んでしまいたいとさえ思った。
荼毘にふされて 小さく小さくなったリュウタを抱いて泣きじゃくってた。

亡くなった翌々日 ふと思い立ってルナたんに会いに行ったね。
元気なうちにまたデートしようねって言ってたのに出来なかったから。
あの時ね、生きているけど死んでいるような気持ちだったんよ。
でも ルナたんを抱っこしたとき ああ温かいって思ったん。
柔らかくてフンワリしていて・・ 温かい。
おかあたんが ルナたんが老化の坂を転がっていると よく心配したり凹んで
いたけれど 少しずつ年を重ねてしんどくなってきていても 頑張ってる、
ルナたんは温かい、生きてるんやなぁ。
生きるってこういうことなんやって思ったんよ。
元気ださんと、ってルナたんのおかげで思えたんよ。 ありがとうね。
本当に本当にありがとう。 

いままでも これからも、
ルナたんは私とリュウタにとって大事な大事なお友達やからね。
20090403_12s.jpg

晩年 おかあたんとおとうたんに優しくお世話してもらって 子犬のように
甘えてたルナたん。
20070512.jpg
おかあたんのスパゲッティを狙ったり おかきをパリパリ食べてたり 6Pチーズを
もらったり~  ゴハンまだかと おかあたんをストーカーしたりする
とっても食いしん坊なルナたんと
 
女の子なのに気が強くて イノシシにむかっていったり~  おとうたんが胴輪を
つけようとしたり 抱っこしようとしたときにムキーっと怒ったりする
気が強いルナたんも どんなルナたんも大好きやで。

ルナたん、またね。
また会おう。

20070324.jpg
みどりんさん ルナたんに出会わせてくれてありがとう。

いっぱい泣いて 泣き疲れたら 戻っておいでね。
みんないつまでも待っているし 応援しているよ。

最後に勝手に写真をたくさん使ってごめんね。
スポンサーサイト

コメント

秋奈の母さんへ

とんでもないです。 本当はもっと書きたいことがあったのに これを
書いたときはもう 泣けて泣けて胸がいっぱいで うまく書けません
でした。 リュウタが亡くなってから ルナたんには できるだけながく
みどりんさんとおとうたんのそばに居て欲しいってずっと思っていました。
でもでも こればっかりは仕方ないのかな・・

みどりんさんのルナたんに対する 愛情はとてもとても深かく優しく
温かく・・ 介護についても勉強させてもらうことばかりでした。
みどりんさんもおとうたんも ルナたんロスのまっただなかで 毎日
さみしく お辛いと思います。 私自身もリュウタロスから立ち直れて
いないので 元気だしてとも言えず 情けない限りです。
ただひたすら 見守るしかできなくて 申し訳ないような気持ちです。

ルナたんは おかあたんのそばにべったりいたり 本人が気がつかない
うちにおひざの上に乗ってたり~ お空の上でみんなと走り回って
遊んでると思います♪ しきりやさんというより 可愛いので リュウタ
だけじゃなく 秋奈ちゃんやげんちゃんや 豆さんやロジャーくんや~
たくさんの男の子からモテモテで困ってるかもね~

とってもとっても、出遅れてしまいました。

ルナたんの素敵な追悼記事、ありがとう!
greendogさんの優しい暖かなお気持ちがとってもよく伝わってきました。
ルナたん、一生懸命生きてくれましたね。
みどりんさんとおとうたんもいっぱいいっぱい
ルナたんを愛して介護されていましたもんね。
今は、深く悲しく切ないと思いますが、
頑張って通り抜けてほしいと心から願っています。

ルナたん、向こうの世界でリュウタくんや秋奈や、ほかのわんこちゃんたちと、
仲良く元気に遊んでいるよね。
ねぇ、私、ルナたん、あっという間に、
しきりやさんになってそうな気がするんだけど、
greendogさんは、どう思う?

★ うわ~~ん ありがとう~~!!

ロッタとパーシーのおかあさんへ

届きましたよ~ びっくりしちゃったよー
前に絵留ちゃんとモモちゃんのを拝見していましたが 大きくて
びっくり~! 嬉しいです♪
以前 絵を描いていただく前に 等身大オブジェ作成のお話をいただ
いて 当時はリュウタが亡くなった後、それを見るたんびに思い出して
悲しくなるのではと 辞退させていただいたんですが 今は・・
リュウタのものはそんなに処分せず ほとんど残しているんですが
やはり 寝たきりだったので いつも寝ていた場所はマット類が
かたずけられ しばらくそのままにしていたハウスもたたんでしまって
しまったので どんどん リュウタがいた痕跡がなくなっていくような
気がして さみしかったのが~~ 大きなリュウタが届いて リビング
に置いていると 本当にそこにいるようで 安心します。
ロッタとパーシーのおかあさんの 優しい優しい想いがいっぱい
つまったリュウタのオブジェ ありがとう、ありがとうございました。
狭いボロ屋なので おいている等身大リュウタに父がぶつかって
あ、リュウタくんゴメンな~ なんてしゃべりかけていましたよ(笑)

ロッタとパーシーのおかあさんお手製のお菓子! 超嬉しいです~
もうすでに2個もお腹に収納しましたよ(笑)
甥っ子さんも 家に来ているときだったので 
美味しそう~ ちょうだい ちょうだいとうるさかったです・・
リュウタにもお供えさせてもらって 甥っ子さんにもあげたら 美味しいね!
って喜んで食べてました。 みそ煮込みうどんも~~ なんか本当に
たくさんいただいてしまって申し訳ありません。
いっぱい いっぱい ありがとう~☆


ルナたんも お星様になってしまいました。
去年の夏ごろから リュウタも含め お友だちのワンコが体調を崩したり
亡くなったりと 悲しいことが続いています。 高齢だから仕方ないとは
言うものの  なかなか受け入れられないのが現実です。
ルナたんのために泣いてくださって ありがとうございます。
パーシーちゃんには いっぱい頑張ってきたぶん 穏やかに、元気に
楽しく老後を過ごしてほしいです。 ロッタちゃんも 猫ちゃんたちも
できるだけなが~~く おかあさんやご家族のみなさんと一緒に健やかに
過ごせること ずっと祈っています!
旦那様より 先に・・  なんて 愛ですね~e-266

介護するって大変だけど 元気だったときにもまして 愛おしい愛おしい
時間になりますよ~ そして その時の(晩年の)ことが一番印象に
残っています。 若かった時のことも ポツリポツリと思い出しますけれどね。
私の・・ 可愛い可愛い リュウタ、ブログで紹介させていただきますね~
更新する時間がなかなかないので 少しあとになりますけれど。

りん子さんの所で知って~ショックでした。ルナたんの・・みどりんさんのブログもお邪魔させて頂きました。動画も拝見させて頂きました。
18歳とは全然思えない愛くるしい笑顔で・・パパママを幸せな気持ちで一杯にしてあげてたんですね~。すごくすごく可愛い子ですよね~・・・
拝見してて~胸が苦しくなって~・・リュウタくんの時も涙こぼれて止まらなかったのを覚えてますが~・・お目目がポンポンです。
昨晩、拝見させて頂いたのですが ロッタやパーシー・・ヨルくんたちが~どうしたの~?って何だか神妙な面持ちで見てました。傍に居るこの子たちがより一層愛しく感じました。壊れない様に・・失くさない様に・・・しっかりと抱きしめておかなくちゃ!って、思っても~・・スルリと腕をすり抜けて・・どうしたって、先に行っちゃうんですよね~・・・頭で理解出来てても~イザその時が来たら~・・考えただけで~苦しくて切なくなります。
でも・・・自分なら~残される方が辛いから~日ごろから~私は旦那より絶対に先に召されて~・・見送って貰いたい!って、思うんです。見送られる方が幸せだと・・私は、そう思ってて~・・旦那には、申し訳ないけど~そう願ってるんです。だから~・・シッポのお子達だって~・・・愛ゆえに私が看取って、見送ってあげなくちゃ!って、思ったりもします。愛してるから~・・迷わない様にちゃんと送ってあげなくちゃ。。。って。それが為にも~・・絶対に急に逝ってしまう事に無い様に!介護をさせて貰って~覚悟を決める時間を~・・神様に・・・お子達に貰いたいと思ってます!!いつも寝る時に、耳元にそう語り掛けてます。←呪文です・・・(^_^.)こわぁ~~いっ。

あのぉ~・・突拍子も無く・・?変てこなものを~一方的に~・・・送らせて頂きました・・<(_ _)>明日には、届きます。先ず、無事に届く事を願ってます~。それから~・・気に入って頂けるかどうか・・?ご迷惑でなければいいのですが・・・先に謝っておきます~~<(_ _)>ヨロシクお願いします。

秘密コメさんへ

うんうん よくわかるよ~
もう少し言葉を選んでくれたらいいのにね! 私も似たようなこと
言われたよ。 亡くなったの? いくつだったの? 16歳すぎてたら
もうね~長生きやし 寿命やわ~って。
同じ犬飼いのくせに なんでこうデリカシーがないのかと思いました。

風の噂で 亡くなったと知っていたとしても
ワンちゃん 最近見かけないけど どうしてるの? くらいのことを
言うて欲しいですよね。 あからさまに・・
でもね 聞いてくれるってことは 少しは気にしてくれてたのかな?
とも思うから・・ 全然 知らんぷりよりかは ウチの子のこと前に
見ていてくれたんだなって 腹も立ったけど 声かけてくれたことは
ちょっとありがたいことなのかなって思いました。

色んな人がいますよ。
気にしないで。 私たちは いままでも これからも あの子のことを
愛し続けるんですから! 一緒に頑張ろうね。

くぅちゃんさんへ

そうですね、同じですよ。
とても大切にされて 愛情たっぷりにお世話されていて ルナたんには
もっともっと長生きしてほしかったです。
失くした気持ちがわかるだけに 何を言っても 今の悲しみが癒える
ことはないだろうと かける言葉が見つかりません。

私も ただただ感謝です。
いっぱい頑張ってくれたもんね。 ありがとう、ってみんなに希望や
元気をくれてありがとうってね。

うなパイさんへ

ルナたんは みんなのアイドルだもんね~
旅立ったあとだって 変わらないよね!
いままで ありがとうね~~って 大きな声でいいたいよ。

龍馬くんにはルナたんのぶんも まだ頑張ってもらわないといけないから
うなパイさんも体力づくりに励まないとダメだよー(笑)
介護は体力勝負だから いつでも 大きな龍馬くんを抱きかかえられる
ように筋トレしとかないと!
私にも リュウタにも みんなは本当に大切な大切な仲間だよ~
これからも みんな手をつないでいてね。
『がぎぐげご~ ♪ ぼぼぼぼぼっ♪』

りん子さんへ

ルナたん 本当にかわいかったね。
リュウタが亡くなって さみしくてブログもやめちゃおうと思ったけど
ブログを通してたくさんの方のところのワンちゃんに会えて どの子も
かわいくて~ 無垢な姿を見てとても癒されたよ。
高齢のワンちゃんが頑張っていると リュウタのぶんも長生きして
欲しいと 飼い主さんのそばにいて欲しいとすごく願ってた。
中でも会ったことのある ルナたんは特別やったから 悲しいです。

みどりんさんやおとうたんの胸の内を想うと 泣けて泣けて・・
私もそうやったから。 何をどうしても この辛さから逃れられないの・・
かわいいあの子がそばにいないと、もう会えないと思うとね
涙もでるし 吐きそうになって 息が苦しくなって~
人それぞれ 悲しみの感じ方や表現は違うと思うけれど きっとね
今 みどりんさんたち 悲しみだけじゃなくて どうしようもない喪失感
もあると思うの。 何もしてあげられないのが もどかしいんだけどね、
ルナたんは 私たちにたくさんの優しさや癒しや 幸せをくれたよって
ありがとうって言いたいね。 ルナたん本人にもみどりんさんたちにも。

りん子さんの気持ち よ~~くわかるよ。
絵留ちゃん かわいいもの。 娘だもんね。
いつかはその時がくるんだけど なかなか 自分がその立場になって
みないと どうなるかはわからないもんだよ。
これから年を重ねるにつれて 今まで以上に愛おしくて愛おしくて
たまらんくなるよ~☆ いっぱい いっぱい 愛しまくってあげてね!
絵留ちゃんは まだまだ 元気で大丈夫だと思うけど ルナたん越え
をするんだよ~!!

たろうママさんへ

お久しぶりです!
たろうママさんこそ 元気になられたようで嬉しいです。
新しいワンちゃんを迎えられたんですね。
私も息子さんと同じで 別にいいと思います。
こたろうくんを迎えて可愛がったからと言って たろうくんのことを
忘れるはず、ってか 忘れられるはずがないんですから。
すぐに飼うのが悪いなんて誰もおもいませんよ~ タイミングって
あると思うし。

私も 今はまだ リュウタを想って泣いてばかりだけど いつかは
またワンコと暮らしたいなぁって漠然と思いますよ。
たろうママさんと全く同じ、豆柴がいいなぁ~って そんなの一体いつ
になるかわかんないけど・・ 数年後かも。
リュウタが元気なとき13キロ 亡くなった時は8キロでした。
やっぱ小さいほうが介護に負担は少ないですよね。 でも柴がいい~(笑)
神戸大丸前の黒ラブちゃん(災害救助犬)私もいつも触りまくりです。
年末も触りまくって募金したし つい2週間前もみどりんさんたちと
三宮でお会いしたときに 募金して触りましたよ♪
そのとき、あれが柴犬なら募金も小銭じゃなくて1000円はするね、
なんて笑ってました。

ルナたんが旅立ったことが・・ 本当にさみしくてなりません。
一緒にゴハン食べてるときにね、おとうたんから ルナたんがお肉を
完食しました~ってメールが来て嬉しそうにしていたみどりんさんの
顔が忘れられません・・。 私もなかなか立ち直れてないから 何も
言えないし できないんだけれど~ いっぱい いっぱい泣いて泣きまくって
時間がたてば また、笑って欲しいなって思います。 

ピクままさんへ

うんうん わかりますよ~
みどりんさんとルナたんに どうしても自分たちを重ねてしまって
それで余計に泣いてしまいますよね・・

ピクちゃんも ぐにゃぐにゃだったの~!
可愛くて 良い子はみんなぐにゃぐにゃなんじゃ・・(笑)
ルナたんは本当にこれ以上ないくらい おかあたんとおとうたんに
愛されて幸せだったと思います。

これからは おかあたんのそばにいたり あちこちをみんなで走り回ったり
どの子の家にも遊びに行ったりして楽しく過ごすことでしょうね。
『がぎばれ~』 『がぎぐげご~』 ♪♪♪(笑)

★ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私もです。
マッキーが旅立ってからルナたんは私の希望の星でした。
マッキーに迎えさせてやる事ができなかった17歳、18歳の
お誕生日もすでに迎え、おとうたん、おかあたんの愛で包まれ
・・・うらやましかったしルナたんの毎日を、マッキーを重ねて
一緒に過ごさせて頂いているようでうれしかった。

今はただただ感謝です。

ルナたんへの気持ちしっかり伝わりました!
ピクママさんが、おっしゃるようにみんな幸せな子ども達です。
向うでは仲間と仲良く暮らしているから、こっちも負けずに仲良くしていこうね!
【ぼぼぼぼぼのがぎぐげご】v-218

ルナちゃんの、可愛い瞳に、どれだけ、勇気と希望を頂いたか…
私も、絵留が離れてしまうのが、今は実感できません。
だから、greendogさんの、生きる意味を考えられたのって、少しは解るの。
私にとって絵留は全てだもん。
みどりんさん達も、そうだと思う。
greendogさんも、そうだけど、強く、頑張って、記事にされているのが、凄いと思っている。
ブログを見ていて、わが子との別れの経験をされて、そして、過ごされている姿に、私はブログの世界を見れる有難さを痛感します。
きっと、この世界を知らなかったら、私こそ、生きる屍となるのは、確実な気がします。
リュウタ君とルナちゃん、これから仲良く、少し離れた所で、感謝の笑顔で、大事な家族を見守ってくれるんだよね。
ガウガウのリュウタ君、今は、モテモテのリュウタ君になっているよね。
絵留もガウガウだから、生きている間は、私が守っていくつもり(^^ゞ
有難う。

お久しぶりです。
少しは元気になられたかしら。
ルナちゃん、きれいな寝顔やったね。
9月に逝ったたろうを思い出しました。
あれから4ケ月、相変わらず散歩中の犬を触りまくり、ペットショップに柴がいたら抱かせてもらい、神戸大丸前の災害救助犬の黒ラブに嫌われるほど撫でまくり・・・の日々でした。
いろんな事を考えたら、50代の私達夫婦にとってもうワンコは飼うのはよそうと決めていました。
息子が「考え過ぎやで」って。「淋しいんやったら飼えばいい」って。「世間体なんか気にせんでいいやん。(すぐに犬を飼うこと)」
六甲アイランドの「マスト」のオーナーさんがね、以前はコリーを飼っていて、亡くなってから4年後にシェルティを飼ったんだけど、前の子は胸にしまって(手を胸に当てて)、今はこの子が宝物なんだ」って慰めてくれました。
元気な時のたろうは11キロ、亡くなる前は6キロ・・・介護は結構腰にきたから、小さい子がいいねって。
でも柴が好き。柴が大好き。
結局、主人と高槻の宝山荘って犬舎まで行って、豆柴を19日から新しい家族として迎えました。
名前はね、豆柴で小さいから、小さいたろう→こたろうです。
たろうを忘れるんじゃなくて、心にしまっておいていつも思うの。
こたろうを守ってねって。
リュウタくん、ルナちゃん、うちのたろうがきっとお母さんやお父さんに早く笑顔が見れますようにって。

朝から
ルナちゃんの動画を見直しv-406
ここにきてまたv-406

どうしても、わが子の旅立った時が鮮明に思い出され。

ピクもぐにゃぐにゃでした。
でもドライアイス抱っこしていたので、冷たかった。
みんな幸せなこたちばっかりだよね。

【最高!!】
【がぎぐげご~】v-344

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

探しています!

プロフィール

greendog

Author:greendog
遊びに来てくれてありがとう!
ひと言コメントいただければ
嬉しいですぅ~~!♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。