Happy-Go-Lucky2

犬や猫などのペット話、 日常のヨタ話を気ままに綴っています。

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと思ったこと。

今日 二つのテレビ番組を見て思ったこと。

ひとつは 動物の番組で・・
動物と話せる外国人の女性が病床の犬の気持ちを伝えると言うもの。
その番組のコーナーは前から見ていて 本当かどうか眉つばものだな~って
思いつつも いつも見ていた。 今日は癌で余命3ヶ月のワンちゃんだった。
家族の方は色々とワンちゃんに気遣いさせてストレスを与えたのではないかとか心配
されていたけれど ワンちゃんのほうはそんなことはなかった。
みんなのことが大好き、お誕生日にもらったお芋のケーキが美味しかった、などと
イメージを伝えてきたようだった。 その動物と話せる女性が言うには1年くらい前
から頭がすごく痛かったとのこと(そのワンちゃんは顔に癌ができて腫れていた)。

家族が気付いたときは手遅れだったらしい。
テレビの取材の1ヶ月後に旅立ったと言っていたけど もうね、見てる途中から
涙ボロボロ。 動物ってヒトのように口きけないし・・ 
ご家族の方がそのワンちゃんを大切に思っているのは とても良くわかって、
せつないやら 悲しいやら。

私も実は眉つばだと疑いながらも リュウタが歩けなくなり、寝たきり生活が続いて
いたとき この人にリュウタの気持ちを聞いて欲しいとマジで思ったことがある。
番組を見て泣くと言うことは 心のどこかでこういうこと、信じているのかも~
動物って しゃべってくれないから 幸せかどうか、楽しいかどうか、体がしんどく
ないかどうかなんてこちらが 気をつけてあげないとね。
それに比べて人間は しゃべれるし・・ 言葉を発しなくても 目で物を言う、じゃ
ないけれど 目つきやしぐさで かなり心情を表現することもできるし こうして
思ったことを文章にできる術も持っている。

だから、伝えれることは伝えたいなって思った。
できるのに しないなんて変やし。

もうひとつの番組はドラマ 『神戸新聞の7日間』。
15年前の阪神大震災で 自分たちも被災し、神戸新聞本社家屋も全壊判定された中 
京都新聞の協力で震災当日の夕刊、翌日の朝刊と神戸の現状を必死で記事にし、
水道・電気・ガスがとまって何の情報もない神戸市民に伝え続けた記者たちの姿が
描かれていた。 ドラマを見て当時のことが まざまざと思い出された。

自分の住んでいるところは 神戸でも比較的被害が少なかったけど 数日後 用が
あって 神戸の中心部へでかけて愕然としたこと。
自分が青春時代を過ごした街が それこそ戦争映画やテレビで見た 空襲をあびた
直後のようになっていたから。 
それからは 数ヶ月間 黒い服しか着なかったことをよく覚えている。

自分や家族は被災しなかったけど 友人のお父さんとペットの猫が亡くなった。
小学校の同級生が亡くなった。
本当に・・ 色々思い出したけれど 内容が記者さんの話だったので どんな
状況でも人に、伝えるってこと 難しいんだなって思った。
家族が瓦礫の下敷きになって 救出されたけど亡くなってて~ それを写真に
撮れなかった記者さん。  カメラを向けて 何を撮っとんねん!と怒られて
謝る記者さん。 だけど当時は今みたいに携帯もパソコンも普及してなかったし
停電でテレビも見れなかったし 震災が起きた当日の晩から 夕刊をつくって
配ってくれたってこと、すごいと思う。

人に物を伝えるって~ いいことばかりじゃないし 嫌がられることも多い。
私は新聞記者じゃないけど・・
生きてるんだし 目も見えるし 耳も聞こえるし ちゃんとしゃべれるのだから
自分の思っていることはきちんと伝えたいなって思う。



ブログをやっていて いただくコメントが気になったり 日記の内容が人に不快感
を与えないか、傷つけないか~とか 気にして気にして 本来 書きたかったこと
がうまく伝えられなかったり。


でも 本当は私は

自分の口で思ったことが言える。
自分の手で思った文章が書ける。
思っていることを話したり書ける場所がある。
たくさんの手段でまわりの人に気持ちを伝えることができる。



そういう・・当たり前だと思ってたことを、あらためて大事に思ったのでした。




明日 1/17日は 震災からまる15年。
16年目がはじまる。 家族や家を失った方・・ それぞれの15年。
頑張ろう 神戸 合言葉のようだった。
野球チームのユニフォームにも刺繍されていた。
15年前とは様変わりしたけど キレイになった街並み。
頑張ったよね、神戸。


私も乗り越えないといけないことが。 
頑張ろう、自分!
スポンサーサイト

コメント

taearcさんへ

そうなんですよね~ 眉つばだと思いながら ちょっと聞いて
みたいな~なんて思ってみたり。
いまさら聞いてみたって仕方ないんですけどね~ 時間は取り戻せ
ないから。 リッキーくんもジローくんも幸せだと思う。
taearcさんのブログ読んでると ご家族の方々みーんな ジローくん
のこと 大切に思っているのよく伝わってくるもの。
だから リッキーくんのこともきっと大事にされていたでしょうし
ワンコは顔みたらわかるでしょ。 優しい安心しきったお顔してるもん。
さくらちゃんは・・・(笑) taearcさんの言うとーり!
おやつー あそぼー ごはんーって感じするぅ~
さくらちゃんはいつ見ても楽しそうにしているものね♪

いやいや 文章書くのが下手くそだから 人に不快な思いをさせてる
かも知れないとよく思います。
思いを伝えるのは難しいなぁって・・。
うんうん なかなか時間のかかることだけれど いつか笑って話せる
ときがくると信じてます。

こんにちは。
もう神戸の大震災から15年経つんですね。
私も伯母と従兄弟が神戸にいたのでニュースであの惨状を見て愕然となったのを覚えています。
そして動物の声が聞けるあの女性のこと、私も見てました。
ダンナは眉唾ものだと言ってましたが私は信じたいと思います。
そんな人がいてもいいと思うし、聞いてもらいたいとも思うものっ!
ジローが幸せなのか、リッキーが苦しかった時どうした欲しかったのか知りたかったな。
でもね、今のさくらの声は聞いてもらいたくないのよね。
だってきっと 『おねーちゃん、あそぼー』 とか
『おねーちゃん、おやつちょーだーい』 『ごはんまだー』 とか煩いに決まってるもんね^^;

greendogさんが色々と悩んで考えて文章書かれてるの分りますよ^^
だからこそ皆が共感するんだと思います。
書きっぱなし、言いっぱなしの方だったらこうやってたくさんの方から
コメントは寄せられないと思いますもん。
明けない明日は無いように乗り越えられない辛さもきっと無いと思います。
いつかリュウタ君のことを笑顔で話せるgreendogさんになれますように。。。
と言っても私もリッキーを思い出しては泣けちゃうから笑顔でって言うのは無理かな☆ 

秘密コメさんへ

そうそう、ホントに半信半疑だし 聞くのが怖いような気もするんだけど
なんだか聞きたいような・・
リュウタは幸せだったかな~ 最後は辛くなかったんだろうかって
いつも思うから。 でも しんどかってんって答えられたらツライから
聞かないほうがいいのかも。 

あのドラマすごくリアルだったよね。
私も当時の風景を見て愕然としたひとりです。
ずっと忘れることはないと思う・・ たくさんの方が亡くなったり怪我
したり~ そんな中で家族全員誰ひとり傷つかず 今までこれてるのは
やっぱり 生かしてもらっているって気がします。
リュウタが死んだとき 本当に本当に もう何もする気がなくて
これからどうやって生きて行こうって思ったし 正直 生きていても仕方
がないとも思いました。 でも そうじゃないんだよね~
ツライことも悲しいことも ひっくるめて生きているんだもん。
生きているから 悲しみを感じるんだし。
生かしてもらってるんだから もっと毎日と大切に一生懸命じゃなければ、
ともどこかで思ったのも確か。
きっと 震災を体験しているからかもね・・。

私は人にうまく伝えるのがへたくそなんですよ。
顔色を気にしたり、嫌な思いをさせはしないかってすぐ思っちゃう。
そのわりには 気のきいたことひとつ言えないしね~
でも だからって何も言わない 伝えないってのは違うと思うし。
難しいね~

ピクままさんへ

もし聞いてみたら 自分の思ってるような答えが返ってこない可能性も
あるし ほんまに微妙ですよね~ 聞かないほうが良かってことも
世の中にはあるし。 いつも リュウタがどう思っていたのかなぁ・・って
考えちゃうから 私も聞いてみたいなぁって少し思ってしまいました。
ワンコがしゃべれたらいいのにねぇ。

自分の思っていることを伝えるって難しいと思います。
どういう風に相手が受け取るかにもよりますしね~
だけど このドラマ見てて たくさんの人に情報を与えるのって災害時
には本当に大変だったに違いないと思いました。
だから 運よく生きていれて 手紙や携帯電話・メールなんかもあるし
こういうブログなんかでも自分の気持ちを表現できる時代、せっかく
ブログやってるんだから 日記くらい自分の思ってることを書いたほうが
いいんじゃないかな~なんて。
もちろん 人の迷惑になるようなことや 結果的に傷つけてしまうような
ことはダメですけどね(笑)

うなパイさんへ

うんうん 自分のブログだもんね! 誹謗中傷とかでなければ
自分の日記だもん 書きたいことかけばいいんですよね~
もともと うだうだとしたことを書こうと思ってはじめたんだけど
コメントをいただければ嬉しいものの 反応が気になってしまって
自由に書けないこともあったので・・

いつもありがとう~
リュウタがいたころから 優しく見守ってくれて感謝してます♪

りん子さんへ

まぁね~ あれってテレビ用かも知れないものね。
悪いこと言ってるの聞いたことないし(笑)
私も占いとか 怖くていけないよー 悪い結果なら信じなきゃいいって
もんだけど気になるもんね。

地震のことは忘れられないね。
色々な思いがあるけど あれから15年もたったなんてね~
みんな必死だったよね。 
絵留ちゃんは当時まだ生まれていなかったんだね・・
リュウタは地震のとき1歳過ぎてたよ♪
地震のひどい揺れにも動じず ハウスで寝てたの。

人に伝えることって大切やと思うねんけど 伝え方を間違えると
傷つけたりするからね。 
思ったことをなんでもってわけにはいかないし難しいね!
↓のコメ読んだ?
ロッタとパーシーのおかあさんが りん子さん 今年も来てくれる
かな~って言うてはるよ~♪

★ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

動物のその番組、ほんの少しだけ見ました。
偶然チャンネルがあってしまい
でも主人が私の気持ち察して、すぐチャンネル変えました。
以前見たとき私も、何度か思いました。
【どうして欲しいのか、気持ちが聞きたい】
でも、もしいいこと言われなかったら落ち込むし
微妙と言うか複雑です。
でもでも聞ける機会があったら聞いてみたいです。

人間10人10色で
いろんな考え方の方いっぱいいます。
自分の思ってることを正直につたえられるって
すごく勇気もいるし、大変なことだと思います。
でも本当はそれが一番いいことです。
自分を信じて、無理せず進んでくださいね。



万人に理解してもらうのは無理でも、理解しようとしている人はいっぱいいる。
greendogさんの思ったことを書いていって下さい。
その時.その時感じたこと、思ったことを書いて下さい。

そして、時々お邪魔させてくださいね。

動物と話が出来るTVを見たかったんだけど、見ていないの。
私も半分信じてないけど、半分は、やって貰いたいって思っている(^^ゞ
自分が納得いく答えだったら、悲しくても、嬉しいけど、答え次第では、悲しさだけが残りそうで怖いよ(^^ゞ
占いとかも、答えを聞くのが嫌でしないよ。

今日は阪神淡路の震災の日でしたね。
私は半壊だったけど、友達はアパートの2階に住んでいて、玄関を出たら、1階になっていました。
そして、その後の精神状態もかなりだったのを覚えています。
でも、その中で必死に生きていたあの当時は、がむしゃらだったなぁ~。
今はまた、色々考えて、生きてしまっているわ~(^^ゞ
人に伝えるって、やっぱり大事だと思う。
伝えなかったら、解らないしね。でも反面、色々な感情も動くんだけどね。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

探しています!

プロフィール

greendog

Author:greendog
遊びに来てくれてありがとう!
ひと言コメントいただければ
嬉しいですぅ~~!♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。