Happy-Go-Lucky2

犬や猫などのペット話、 日常のヨタ話を気ままに綴っています。

04月≪ 05月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「犬と猫と人間と」

「犬と猫と人間と」ドキュメンタリー映画

悲しく辛いことだけど これがいま日本で唯一不況しらずと言われるペット産業の影で
消えて行く小さな小さな命の現実。
いまだに 保健所や管理センターに持ち込まれる犬猫の最期をご存じない方が多い
ような気がするし~ こういう映画 ネットやテレビでばんばん流して欲しいし 小学校
や中学校でも授業の一環として取り入れて欲しいなとすごく思う。

実際に保護活動をされている方々、センターから救い出し一時預かりをし 傷ついた
ワンコたちの心を癒し 優しい里親さんを探すお手伝いをする方。
ペットショップなどから購入せずに 行き場のない子の里親になられる飼い主さん。
できるときだけボランティアで保護活動のお手伝いをする方。
お金や物資で寄付という形をとられる方。
ひとそれぞれ できること色んな形があると思うけど 願うのは不幸な子がこれ以上
増えませんようにということ。
こういうことって犬と暮らしてはじめて知ったりする人も多いと思う。
だから ペットを飼っていない方、これから飼おうとしている方によーくわかって欲しい
と思う。 ワンコと一緒に暮らしていても 年をとって弱ってきてはじめて気づいたり
することもあると思う。 介護のこともそうだし 最期、荼毘にふすときのこと。
動物霊園で供養される方もいるけど 環境さんに引き取りに来てもらう方も・・
地域によって多少違いはあると思うけど ウチの地方はたしか2~3000円だすと 市の
環境局が遺体を引き取りにきてくれて焼却してくれる。
もちろん ゴミと一緒に燃やすわけではないけど ある程度の量があつまらないと燃料
がムダになるので 車にひかれて亡くなった野良ネコやタヌキ、同じように飼い主からの
依頼で引き取られたペットの遺体・・ それらが一定数集まるまで冷凍保存しておく。

環境に引き取らせたからと言って 経済状況もあるだろうし一概にペットへの愛情が
少ないとは限らないけど こういうこと知らない飼い主さんもご近所にはたくさんいて
私がこの話しをするとたいていが驚かれる。 驚く人のほとんどはカワイイわが子を
亡くなった後 焼くまで冷凍しておくなんて! ちゃんと霊園で荼毘にふしてあげなきゃ
って言われる。 そういう人でも管理センターに持ち込まれた子たちがどんな処分・・
死に方をするかはあまりご存じではなかった。

たまにニュースなんかでとりあげられても うすうすわかっていても、現実を見るって
いうか向き合うのが怖いから見ない人もいると思う。
夜間(救急)動物病院24時、なんていうのなら見るけど管理センターで処分される
子の特番はかわいそうだから見ない。 これってちょっと矛盾してるよね。

犬も猫も小さいときは そりゃ~ぬいぐるみのようにかわいくってすぐにこっちを
頼ってきて かたときも放したくないくらい愛おしい姿をしている。
ある程度大きくなると ゴハンもいっぱい食べるし運動量も増えるし きちんと躾しな
いと犬だって自我があるんだから 吠えたり怒ったりもする。
そうなってくると面倒で世話をしなくなり散歩へも連れていかなくなり 最終的に
センターへ持ち込む、なんてバカみたいな話 実際にはとても多いと聞く。
年をとっておじいちゃん おばあちゃんになったら 子犬の時以上にずっとかわいく
愛おしくなるのに 世話がかかっても毎日毎日かわいくてかわいくてたまらなくなる
のに それがわかる前に自分がのぞんで迎えた子を手放すなんて。
なんてかわいそうな人が多いんだろう。

動物に関することだけではないけれど あらゆることにおいて他人様から同情的な
ものではなく 蔑む意味での 『かわいそう』 なんて言葉は言われたくないと思う。
スポンサーサイト

コメント

うなパイさんへ

毎年 家で野菜とか果物を育ててるのに(小っこい家庭菜園)今年は
苗を買いに行くヒマも育てるヒマもなかったので バーチャルで楽しもう
と思って♪ って言うてもたいてい育ててたのは父なんですが(笑)

キリ番、ほんと 当たらないわ~ クジ運全然ないし。

私も、わからないままに楽しんでいます。
取れるならどんどんとってね。
みんなで、楽しみましょ!
あと一人で、キリ番です!

うなパイさんへ

そうなんですよね~ 飼っていない人にはなんで犬が噛むかって
全くわからないですもん。 痛いし怖いし腹も立つから怒る気持ちも
わかるけれど・・ 私もリュウタが若いころは本当に気が強かったし
すぐにガウる子だったから 他人様には迷惑をかけないようにと
すごくすごく気をつかって散歩とかしていました。
ワンコっておとなしい子でもいつどんな動きを急にするかもしれない
から飼い主もしっかりとしてないといけないんですよね。
ワンコには全く罪はないんだもの! 飼い主さんがどれくらいの誠意を
見せるかによって 被害者の方の心証も変わってくると思うしね。
難しい問題だけど やっぱり飼っているほうが飼ってない人に迷惑
かからぬよう気をつけるしかないのかも。
自分のかわいいワンコは自分で守らないと!

うなパイさんの畑からメロンとイチゴ 収穫させてもらったよ~
あれね、ひまつぶしにやりかけたんだけどイマイチ ちゃんとわかって
なくって~ 1個収穫したら そのあとは二度と摘み取らないで!って
でるし・・ あれってもらっていいものなの?
わからずにやっている私・・(笑)

モモママさんへ

LWDをときどきチェックしてるので そこでこの映画のこと知りました。
こういう現実を犬と暮らしてるのに知らない人がまだいることに驚き
ました。  病気の子を最期まで看取らず保健所に持っていくなんて!
以前 私もブログに書きましたが 重度のヘルニアの子を保健所へ
連れていって 数日後には新しいコーギーの子犬を買った人、近所に
いるんです。 なんでそんなことできるんですかねぇ。
保健所でも安楽死じゃなく 苦しんで死ぬんですよって説明は
ないのかなぁ。

とにかく こういう映画 本当に小中学校で子供たちに見せてほしい
ですよね。 ペットと暮らすということは かわいいだけじゃなくて
いかに世話が大変か、医療費や食費 季節に合わせた温度管理が
必要なので光熱費もいるし トリミングに出したり、出さなくても自宅で
洗うにはシャンプーや水がいっぱいいるってことよーく認識して 
その上で大切な命を扱うんだ、家族同様に大事にできるかってことも
重々考えてから飼って欲しいですよね!

りん子さんへ

そうそう!かわいい わが子が蚊に刺されでもしたら大変やから
わかるでしょ~(笑) フフフ 本当は蚊がいなくてもリュウタが暴れたり
具合悪くない限りはいつも夜は飲んでるんだけどね~v-272

ペット業界だけは景気がいいってきくでしょ?
色んな施設も充実してるし ペットの医療も進歩してるし サービスとか
が充実してワンコにとって良い環境になる半面 こういう悲しい現実
が後をたたないって矛盾してるものね・・

ウチも話かけてるけど昔は賢くないのに お利口ね~って言ってたよー
自分に(飼い主)にとって お利口ならそれでいいのよん♪
絵留ちゃんは なんだかんだ言っても色んなオフ会にきちんと参加
できるんだから 間違いなく お利口だよv-22

重たい問題ですね。
ご近所に、人を咬んだからと言って保険所に連れて行かれた子がいました。
咬まれた人が、許さなかったのです。
何の権利があって尊い命を奪うのでしょう?
こう言う事を平気で出来る人の気持がわかりません。
友達の飼ってた子も、人を咬み、『保険所に連れて行け』と言われました。
友達は、何度も何度も謝りに行きやっと許してもらえたと言う事がありました。
咬む事は、人からみれば悪い事です!っでも、ワンコからすれば理由が必ずあるはずです。
それを、見極めて対処するのは人の役目です。
飼った日から尊い命を預かったのだから、その重みを自覚しなければならないと思います。
自分で、書きながら決意を再認識しています。

greendogさんも子の映画の事、記事にされたんですね。
本当に、保健所へ持ち込まれた犬や猫がどんな悲惨な運命をたどるかを知らない人に遭遇しました。
可愛がっていた猫がエイズにかかってもう治らないから保健所に持って行ったって・・・
ちゃんと説明しましたが驚いていました。保健所へ連れて行けば安楽死させてもらえると思っていたんだそうです。
まだまだそういう人も多いのでしょうね。
紙っていて持ち込んだり捨てたりする輩も多いけど、反対に私財をなげうってワンニャンを1匹でも多く助けるために奔走している人がいる。
ワンニャンをペットショップで買い求める前に、たくさんの子達が里親さんを探していることを知って欲しいですよね。
里親募集の条件は結構厳しいけど、命うを託すのだから当たりませですよね。
そうそう、子犬や子猫の時は確かに格別の可愛さがあるけど、だんだん歳を重ねていくと、不思議と心が分かるようになるし、小さい時とは違った愛おしさが生まれてくるんですよね。それこそが動物と一緒に暮らすことの醍醐味だと思います。
この映画をたくさんの人に見てもらいたいと思います。

↓の「夜になってから大量のワインを飲み、思惑どーり腕に黒い蚊が!速攻 叩き殺してひと安心。」
これに爆笑だったわ~(^^ゞ
確かに、蚊見つけた瞬間から、射止めるまで、他の事できないもん(笑)
これ一つとっても、わが子達が可愛いからだものね。

「日本で唯一不況しらずのペット産業」って聞くと、
ペットの環境も良くなる反面、両極端の事が発生して、片方は悲しい現実だものね。
環境局の遺体の事を知らない人って、多いと思う。
えー?って言われる事何回かありました。

絵留に益々話しかけているよ~(^^)
お利口だね~って言うのが多いの。
利口じゃないからかな~(笑)(^^ゞ

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

探しています!

プロフィール

greendog

Author:greendog
遊びに来てくれてありがとう!
ひと言コメントいただければ
嬉しいですぅ~~!♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。