Happy-Go-Lucky2

犬や猫などのペット話、 日常のヨタ話を気ままに綴っています。

05月≪ 06月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホントの気持ち。

DSCN5587.jpg

ちょうど去年の今頃 リュウタが前庭障害で
フラついて足元がおぼつかなくなって 父が
つくった玄関用のスロープ。 

治ったあとも ずっと使ってたけどもういらなくなった。
もともと狭い玄関にこれを置いてたので 邪魔だったこともありリュウタが歩けなくなって
すぐに 母がガレージに片付けようとしたんだけど、これをどかせてしまうと なんだか
永久に、本当にもう二度と歩けなくなる気がして ずっとそのままにしていた。

でも 先日、先生には もうこれ以上の回復は見込めないと言われたし もうそろそろ
片付けてしまったほうがいいのかもしれない。 

介護はなれてきたし 眠たかったりしんどいなーって思うこともあるけど 同じように
高齢犬のお世話をされてる方とグチりあったり こうしてブログでいろいろ吐き出すこと
で気が楽になったり たくさんの方から励ましていただいたりして そのおかげで
なんとかやってこれたし これからも頑張ろうって思ってるし できるだけ前向きにプラス
思考でいくつもり!

だけど リュウタ自身は本当はどう思ってるんかなって時々思う。
ゴハンも食べられるし 上半身もよく動くから元気になったと言えばそうなんやけど・・


前はリビングの床の上でもソファーの上でも好きなときに好きなところで寝て 2階は
階段が怖かったのであがれなかったけど ダメと言われても好き勝手に台所や和室に
出入りして決まった時間にはお外へ散歩しに行ってた。 雨が降っても雪が降っても。
それが今は 前と同じリビングにいるといっても 狭い2畳ほどのマットレスにペット
シーツを敷きつめた上をもぞもぞと這い回ることしかできない。
日に何度も何度も立ち上がろうとするけど できない。 外へ連れていってもらっても
自分の足で土を踏んで歩くこともできない。 嫌いだった抱っこもしてもらわないと場所
の移動はできないし 外の空気を吸うことすらできない。
オシッコやウンPも 爽快に外でしかすることをしなかったのに いくら即キレイなシートに
換えてもらえたり 汚れれば体も拭いてもらえるとはいえ 寝ている場所でしなきゃ仕方
ないのは プライドの高いリュウタにとって とても嫌なことだと思う。
だいたい 体を触りまくられるのが苦手で 大嫌いだったんだし 汚れを拭かれたりする
こと自体苦痛だろうと思える。

2ヶ月前より元気になっても ずっとこんな状態で幸せなんだろうか。

日によって落ち着いている時もあれば どんなになだめすかしても 吠えまくっていたり
前足の片方はなめすぎて 毛が抜けて血がでてきた。
レメディーも効いているような 効いてないような・・ 

後ろ足にハゲをつくりながら 立とうと這いずり回った後 疲れて眠る。
  DSCN7802.jpg  DSCN7803.jpg

食欲だけは 異常にあるリュウタ。
もともと いやしんぼなところはあったけれど 今の食欲旺盛さはステロイドの副作用
でもあるから 嬉しいようなせつないような。

そうは言っても 食べることしか楽しみがないだろうと 新しいオヤツを買ってきた。
  DSCN7795.jpg DSCN7800.jpg

ソイジョイとよく似た大豆バー。 ほどよい柔らかさで おいしかったようです♪


スポンサーサイト

コメント

★ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

みどりんさんへ

を? 連日 酒盛りしてるのね~ 大丈夫なの~

一生懸命やなぁ、確かに。 毎日一生懸命生きてる。
食べることに貪欲なんも 多少は薬の副作用があるとはいえ
すごいのよ、リュウタ。 いつもいうクチで 食べたいって気持ちが
あるってことはまだまだ 生きたいってことなんよね!
リュウタの場合 すさまじい食欲で思わずひきそうになるけど・・(笑)

そうやね あきらめへんね、ワンコは。
みどりんさんに電話したときは もうアカンって言われたのに 元気に
復活できたんやから それは幸せなことやんなー
うんうん、毎日リュウタにアンタはラッキーな幸せワンコやねんで~
って呪文のように繰り返し言うてきかせようかしら、フフ。
いつも ルナたんを見るとけなげに頑張ってるなーって思ってたけど
リュウタも頑張ってるんやもんね!(お世辞にもけなげとは言えん
態度やけど・・)
リュウタの気持ち代弁してくれて ありがとーv-22

りん子さんへ

なんだかんだ言っても しゃべれないんだからわかんないよねー
結局はリュウタがどう思おうと 私自身が 歩けなくてもまだまだ
元気でそばにいてほしいって思ってるんだから いまできることを
やればいいのよね!

散歩はできないから 毎日 抱っこして庭をウロウロしたり 階段を
降りたところくらいまでは行くんだけどね~
なにせ ありがたいことに体重が1キロもどったから 11キロを抱いた
まま長距離は難しい・・ 重くて重くて 腕がパンパンだよー(T_T)
カートを買おうか考えたんだけど 外でよそのワンコの匂いとか
嗅いじゃうと オシッコやウPをしちゃうでしょ、オムツをしてると毎回
連れていくたんびに洗わないといけなくなるし していなくても
カートに乗ったまんま してしまうと思うのよね~ 
オシッコはあんまり出る感覚がはっきりしないみたいだし。
年とるとシャンプーも体力消耗するし これから寒くなるから 早々
頻繁には洗えないでしょ~ なかなか 難しくって。

ダンベルかなんかで 腕の筋力を鍛えて 公園くらいまで抱いて
いけるように頑張るわ!

ロッタのおかあさんへ

普段はもう介護生活に慣れてきたので 世話自体がしんどいとかは
あまり思わないんだけど ペットシーツを敷き詰めた狭い面積の
上をもそもそと不自由な体で動き回ってるのを ぼんやり見てると
たんまにこんなことを考えてしまいます。 
まぁ 考えても 私って自己中心的だから 自分がそばにいてほしい
って思うから・・ 飼い主のエゴかもしれないけれど 病気になったのは
仕方ないことやし まだまだこれからガウりまくってても 頑張って
お世話してね、元気でいてもらおうって思ってます。

気分的にはべつだん私が凹んでいるとかじゃ ないんですけどね(笑)
こういった ふと思うことでも 高齢犬を介護していたり 見送った
経験のある方は(ロッタのおかあさんのお姉さまも)わかるよー
おんなじだよー って言ってくださるので なんかホッとするんですよ。
みんなおんなじ~ って思うと安心できて リュウタがどう思ってるか
わかんないけど 精一杯できることをしようって思えるから。
大丈夫ですよん♪

くぅさんへ

アクセルくんも高齢ですもんね。 まだお散歩へ行けてても じょじょに
足腰は弱ってくるし 心配ですね。
柴だかね~ もっともっとヨボヨボになれば あきらめて こちらの
世話にならないとどうしようもないこと わかってくれるのかも知れません
が なかなか嫌なものは嫌なようで お互い気をつかいますよね~

でもでも 私はメゲてないですよーv-91 
ふと リュウタを見ていると イライラして怒っていたり 悲しそうに
フンフン泣いてたりで この子がしゃべってくれたらな~なんて思った
もんで ちょっと暗めの記事になってしまいました。
もともと若いころから ガウりっ子だったので 慣れてはいるんですが
なんとなく・・ この状況まだまだ受け入れられてないんやなぁ~とか
思ったりして。
ほんとほんと 腰にきますわー 年かな~(笑)
鼻歌でも歌いながら ウンPフミフミのお世話でもさせていただきましょー
いっぱい高齢ワンコ&お世話仲間がいると思うと心強いです。
ありがとうございます~♪

思うんだけどさ~
わんこって絶対に諦めないとおもうんよね。
生きることに一生懸命。
毎日、一生懸命生きてる。
寝たきりになろうが、病気になろうがね。
人間みたいに泣き言も言わず、ただただひたすらそのときを生きてる。
だから人間も、それに出来る限り応えてあげなきゃって思うよ。
お手伝いをしてあげるしかできないんやけど、
動けないから=不幸なんてことは絶対に無いと思う。
リュウタくんは立てなくなってしまったけど、愛情いっぱいに手厚くお世話をしてもらって
幸せだと思うよ。
「その時」が来た時にお互い「ありがとう」と言い合えるような
そんな最期を迎えられたらなって思うんだ~。

もしリュウタくんがしゃべれたら
「姉ちゃん、オレはすぐにイラついて怒るけど、必死で頑張って生きてるねん!
だからちょっとは大目に見てくれや。
姉ちゃん、これからもしっかりオレの面倒みてくれよ~
じゃないとオレ 困るねん。いつもサンキューな!」

お互い大変だけど、わんこのガンバリを見習ってわんこの手助けをさせてもらおうよ(^^)

スマヌ。。ちょっと酔っ払いです(^^;)

本当に犬の気持ちが解かると気分もすっきりするのにって思いますね。。。
何が幸せかって解からないけど、リュウタ君の目の前に家族がいる事が、きっと嬉しいはずよ~。
散歩(外の景色)は、無理だったかしら…
抱くのを嫌がっているんだったよね・・・
乳母車に乗せるって言うのも…
ごめんね~勝手なことばっか、言って…(^^ゞ

うん・・・greendogさんの気持ちよく分ります。本当のところのリュウタくんの気持ちが分からないから~全ては人間がいいろいろ思う事で~・・
姉もよく言ってました。コレって延命なのかな~・・・本人は辛いからこうまでして生きていたくないのかな~って。でも~・・いつも二人で話してて行き着く答えは~コレも全部この子が持って生まれた宿命と受け止めて~代わってはあげれないし~本人に頑張って貰うしかないよね~って。私達は出来る限りの事をして~少しでも快適に過ごして貰える様に努力する事しか、してあげられないよ~って。
動物は~「生」にひたすら一生懸命で~諦めたりしないので~きっと~自分では思う様に動けないけど~少しでも快適にしてくれるgreendogさん達ご家族のお気持ちは伝わってて~感謝してますよ~♪・・・私は~そう思うなぁ~~(^^ゞ

そうは言っても~日々辛いですよね~・・・でも!頑張るっきゃないですもんね!グチグチ言って~・・・また頑張って下さいね~~っ!!

★ せつないです

犬が、しゃべれたらいいのに、って思いますね。
でも、「つらいから楽にしてくれ」と言われたら、余計に辛いかもしれません。

アクセルもリュウタくんと同じで、オシッコもうんPも外でしかしません。
体を触られるのも、抱っこが嫌いなとこも同じです。
まだ散歩には行けていますが、後ろ足が弱っているので、何度も転んだりします。
特にうんPの時には、支えてあげないと、転んじゃいそうです。
実際うんPの上に転んでしまうこともしばしば(柴犬だけに…なんつって)
車の中でうんPしてしまった事も何度かあります。
でも、プライドの高い柴犬だけに、自分のうんPで汚れているのはきっと嫌なはず。
「キレキレしようねぇ~」とかいつもよりワントーン高い声で励ましながらフキフキしています。
嫌なことも、こちらが楽しそうにしていれば少しは納得してくれるのでは、と期待しています。

リュウタくんも、自分の足が動かないことに慣れてくれば、きっとわかってくれると信じています。
無理はなさらないでくださいね。
greendogさんがめげてしまったら、リュウタくんにも伝わってしまうと思います。
長文になってしまってごめんなさい。
お互い腰には気をつけて、がんばりましょう!!

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

探しています!

プロフィール

greendog

Author:greendog
遊びに来てくれてありがとう!
ひと言コメントいただければ
嬉しいですぅ~~!♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。