Happy-Go-Lucky2

犬や猫などのペット話、 日常のヨタ話を気ままに綴っています。

05月≪ 06月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚悟とか不安とか。

おとついの晩です。


DSCN7315.jpg  DSCN7313.jpg


昨日の夜 はじめて a/d缶を3/4ほど食べてくれた。
よかった~ 食べないで下痢ばかりしていると 体力も消耗するしと思ってたので 
少し安心して 今日の朝も食べるかな?と思いつつ 朝は1/2缶あげてみました。
ちょっとずつスプーンで口へ持っていくと 食べてくれたんだけど 2時間後 全部吐
いてしまいました。  気分が悪そうだったので しばらく背中をさすって添い寝し
ていたのだけど仕事に行かねばならず あとを父と母に頼んで 出勤しました。

昼間 携帯で様子を聞いたところ エレンタールを水で溶いたものも a/d缶も 
スプーンでもシリンジでも口元に持っていくと 顔をそむけて 無理に食べさせようと
すると 興奮して怒るらしく 2時間おきくらいに 落ち着くのを待って 3度ほどトライ
したけど同じことの繰り返しで 水以外は頑として 受け入れようとしなかったそう。
先日 はじめて病院へ連れて行ったときも 体は動かないのに異常に歯を剥いたり
して先生に怒ってたけど・・ 先生は怒るのと元気があるのとは 全く違うと言われて
たけど 本当にそうなのかな。

私が家へ戻ってからも a/d缶を食べさせようとしたけれど ものすごく怒って 顔を
そむけて食べてくれない。 あんなに怒るリュウタを見たのは 1年ぶりくらいでは
ないだろうか。 最近 とみに温和におとなしくなっていたから。
そこまでして 食べたくないのかと不思議で仕方ない。  
食欲がないだけなら 怒らなくてもいいような気がするんだけど、何か気にいらない
のか イライラしてるのか・・
それでいて 体の向きを変えるときや 抱っこ、オシッコをしたときに体を触りまくったり 
拭いたり何をしてもじいっと おとなしくされるがまま。
夕方から 今まで うつらうつらと 眠ってばかり。

たった 1日なのに 上の写真に比べて腰骨が 出てるのが触らなくてもよくわかる
ようになってしまった。 まるまる太っていつでも痩せさせなきゃって言われてたのに。
今日1日 お水以外 何も食べてくれない。 明日 また病院へ連れていくけれど 点滴
したって 口から栄養取らなきゃ・・ リュウタ、あんなに食いしん坊だったのに なんで
怒るほど 食べたくないの? 食べなきゃ 元気になれないよ。
歩けるように戻らなくて このまま寝たきりでも リュウタのしてほしいことは何でもして
あげたいのに 何を思っているのか全然わからず 情けない。

追記

寝ているリュウタのほうを気にしながら この記事を書いていたら 頭がビクビクと
震えているのが目についた。 そばへ行くと首から上だけが小刻みに震えているような
感じ。 痙攣とはまた違うのかな? 昨日はこんなことなかったのに。
リュウタは普通に頭を動かしたり目を閉じたりしているけど 明日 病院へ行くまでの
12時間以内に何かあったら・・という 不安から 夜間救急病院へ問い合わせてみた。
痙攣なら全身がもっとガクガクとなるので 痙攣ではないと思うとのこと。

電話だけだけど 一応今までの経緯と症状を説明すると 応対してくださった先生も
かかりつけの先生と同じ見解だそう。 たぶん どこの病院へ行っても今以上の
回復は望めないのではないかとのことだった。 もちろん 電話なので救急病院の
先生も断言されているわけではない。 ただ 昨日と違う症状が出だしたということは
確実に進行しているということ。 震えの原因は腎臓や肝臓からくるものか または
腫瘍が出血しているのか、頭の中のことなので 結局はわからないそう。

こういった場合は飼い主さんの 気持ち次第ですよ、と言われた。
大急ぎで連れていっても たいした治療はできないかもしれないし 来る途中で症状
が悪化する可能性もある。 自宅で静かに落ち着いているのならば そのままで、
という考えもある、と。 緊急を要する、ともいえるし 明日 かかりつけの獣医さんへ
行くのなら 急がなくてよい、ともいえるし・・ ただ この先生も年齢的なことを
考えると ある程度の覚悟は必要だと言われていた。
期待させても仕方ないし、話を聞くかぎりでは良くはならない、悪くなるのが遅いか
早いか、だけだと。

毎日毎日 こんなことばかり書いていると 同じように高齢の子をかかえている方、
あるいは 10歳以上で高齢にさしかかっている子がおうちにいると
リュウタのことを心配してくださりつつも 家の子も・・と、知らず知らずのうちにたくさんの
不安を与えてしまっているかもしれません。 ごめんなさい。

リュウタがじょじょに衰える老衰ではなく 元気だったのにある日突然倒れて こんな
ふうになってしまったから どんな子でもある程度の年齢ならば いつ何があっても
おかしくないものね。 現にリュウタの義理の弟(血縁関係はありません、少しだけ
性格が似てたので言うてるだけ)コロちゃんも 9/1に倒れて 全身の痙攣と眼振が
おさまらず入院しているそうです。 年も約1歳しかかわりません。

人間でも動物でもある程度の年齢がきたら 否応なしにお空へ帰っていきます。
でもそれが どうしても理解できず 先に逝ってしまった お友達のワンコ、
会ったこともないブログのお友達のワンコにたいしても どうして? 早すぎる!
といった感情ばかりでした。  諦めているわけではないけれど リュウタにもうそう
たくさんの時間が残されていないと うすうすわかった今 どうしたら いいだろうと
考えるばかりです。 先に愛犬を見送られた方にも 優しいコメントをいただきました。
犬に限らず 動物と暮らすと いつか別れがきて それを乗り越えなきゃいけない時が
くるのはわかってたけど はたして それができるかどうか全く自信がない。
覚悟といわれても まだまだピンとこなくて。

だけど どんな姿になっても ずっとそばにいてほしいって思うことも人間のエゴなの
かもとか 思ったり・・ フクザツです。

今日も午前中に病院へ連れていってきます。
心配して ここをのぞいてくださって ありがとう。
スポンサーサイト

コメント

★ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

探しています!

プロフィール

greendog

Author:greendog
遊びに来てくれてありがとう!
ひと言コメントいただければ
嬉しいですぅ~~!♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。