Happy-Go-Lucky2

犬や猫などのペット話、 日常のヨタ話を気ままに綴っています。

08月≪ 09月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ終わってはいない。

シュナままさん のところから 『伝えたい事』 そのまんま転載します。

私もシュナままさんと同じで 当時 広島ドッグパークのこと取り上げてブログに
何度も書きました。 そんなに多くはないけど 寄付もした。
その後 色々なことがあって あの大がかりなレスキューは結局なんだったのか
レスキューをしたAAという団体はたくさんの裁判もかかえていて・・ 限りなく
黒に近いグレーで 仕組まれたレスキューだったという話も。
億の寄付金が集まったとも言われ 収支をださなかったことやもろもろのことを
結局 クリアーにしないまま 関西系の報道番組では取りざたされていたけれど
それも もう遠い昔のことのよう。  裁判で闘っておられる方、真実を明らかに
すべく動かれていた方、ボランティアに行かれた方々、里親になられた方々
もう この団体の名前も聞きたくないという方・・ 色々ですが 私も自分のブログ
で 広島でこんなことが起こっています! などと 真相もわからずに安易に伝えて
しまったこと いまさらながら 反省と自責の念に駆られるばかりです。

まだこの事件は全く終わっておらず 
真相解明もまだだということ 忘れてはならない。


どうぞ↓のある里親さんの気持ち・・ 読んでみてください。

ある里親さんの気持ちです・・・・・・仮想空間からの転載です
私が初めて会った、広島DPの仔・・・ 

標本のような骨と皮だけの体・・・
お尻に床づれ・・・
その床づれから骨が突き出していた・・・
立つことがやっと・・・

「犬を預かっていただけませんか・・・」と連絡が入り、
迎えに行った時に見た姿・・・

そんな仔を「元気ですから~」と・・・

どこが元気なん・・・?
この仔間違いなく近々死ぬで・・・
迎えに行った時に感じた第一印象

病院で検査は・・・?の問に
詳しくは調べてもらってないです・・って
なんなんそれ!!!

忙しいのは分かるけど・・・

すぐに病院に連れて行き 血液検査・便検査・エコー・
レントゲン・唾液検査・・・

その結果「今すぐ安楽死を・・・」

かなりしんどいはず、今日明日の命や・・・
苦しませるくらいなら安楽死で安らかに・・・

えええええええっ!!!  そんなにひどいの!?

多分生まれてこの方 一度も家庭を知らないはず・・・
あたたかい膝を知らないはず・・・
あたたかいお布団を・・・
あたたかい愛情を・・・
明るい場所を・・・

1日でも1時間でも数分でもそれを感じてくれたら・・・
本当に今日明日の命なら、せめて腕の中で天寿を
全うさせてあげたい、 これも縁なんだから・・・

そんな状態でした・・・
そんな状態の仔が何で元気なん・・・
おかしいよ~!!!!

救いは食欲
長きに渡るひもじさから、食に対して貪欲になっていた事が、
この仔の命を救ったんです・・・

1週間ごとに増加する体重、1ヶ月過ぎた頃にようやく先生から、
「このまま順調に行けば死の心配はないよ」って・・・

1ヶ月間の死闘、AAはホストに丸投げでした・・・

安心したのもつかの間・・・
今度は皮膚疾患・・・
全身に発疹・出血!!!
全身まっかっか!!!
過酷な状態から通常の生活への変化についていけなかった・・・
このままじゃ、里親なんて見つからない!!!
先生も今里親に出すのは更なるストレスをかけてしまい、
状態がもっと悪くなる、診断書を出しますから、里親探しを
伸ばしてもらって下さいと・・・

すぐに連絡をいれ、皮膚治療が終わるまで、我が家で
預かることになったのに・・・

その約束の1週間後、AAからのいきなりの連絡
「広島DPへの強制送還」!!!

預かる際の約束
・里親は大阪近辺で探す
・里親さんとの引継ぎは持つ
・「広島DP]には返さない

この約束の全てを反故にし、更には治療が終わる迄の預かりも拒否!!!

ホストをなんやと思ってンねん!!!

私は、治療費を寄付金にと考えていました
この仔にかかる治療費の全てを自腹で払い、治った時点で
請求せずにおこうと・・・

それが私に出来る寄付だと・・・

だから、それまで医療費の請求はしませんでした
もちろんAA側からも治療費を聞いてくることはありませんでした

強制送還には断固として抵抗しました!!!

でもAA側からの言葉は・・・
「その仔は目立つから、寄付金集めにちょうどいい」
「里親候補の方も、寄付金を置いていってくれ、それがこの子達に
還元させるから」って・・・
この仔は客寄せパンダじゃない!!!

我が家に来てから、毎晩のように悪夢にうなされる
抱きしめてあげないといつまでも震えてる
昼も夜もない
その仔にかかる介護の時間のため、先住犬を犠牲にしてた
それなのに先住犬たちは、私と同じように恐怖の発作に
見舞われるその仔を、抱きしめなめながら慰めてくれた・・・
目覚めてももう恐怖はないんだと・・・

そんな生活を、お金儲けのためにこの仔から奪うことを、
いとも簡単にしようとしてるAA・・・

私の不安は当然ながらその仔にも伝わります・・・
家庭から家庭への譲渡が出来るまで死にもの狂いでした・・・
そして不安を見せないようにすることと・・・

死闘でした・・・
彼の肉体疾患・精神疾患と闘い
AAから引き離す為に闘った・・・
本当に死闘の日々でした

それは広島でボランティアをしていた方たちも同じでした・・・

AAから、残った子達を守り、お金儲けの種から解放し、
あたたかい家庭に送り出す為に闘ってくださった・・・

そんな人たちの思いを踏みにじり、いまだに全てを公表せず、
くれくれと・・・   いい加減にしろ!!!そう思います・・・


広島DPの犬達を救ったのは、広島DPに集結したボランティア
の方々です。
それを支えたのが後方支援者の人たちです。

本当は先にお礼を言うべきだったのに・・・
申し訳ありません。

あなた方が救った命が我が家で元気に過ごしています。
今まで出来なかった経験を一緒に積み上げていってます。
どうぞ安心してください。
本当にありがとうございました。 



スポンサーサイト

コメント

もじ子さんへ

これ、もう約2年前の事件なんですよねー 当時は何が正しいのかも
全然分からずに ブログに載せたりしてました。
広島ドッグぱーくの件では まだまだAAと裁判で争っている人もいるし
結局 闇から闇へ葬られたワンコたちも たくさんいるようで 何も真相は
語られていません。 巨額な寄付の正しい収支も出さずじまい。
まだ追求してる方たちがおられるので 私も多少なりとも寄付したり
ブログに載せたりした責任もあるので 知りえる範囲は限られているけど
一応最後まで見届けたいとは 思ってるんですが~

そうよねー この団体のおかげで地道な活動をされてる方たちまで
変な色眼鏡で見られてしまって・・
結果、助けられる犬や猫が減ってしまってるってことだもんね。
ワンコ好きを前面に押し出して お金儲けの道具にするのは断じて
やめてほしい!!

当時もしブログを始めてたら私も載せていたと思う。
知らなかった、こんな事があったんですね。
わんこ好きの人が全員性善説ではないんですね...
ひとつの団体が悪さすると、真面目な活動をしてる人たちにとってどれだけの
迷惑になるか。。。
記事載せてくれてありがとう。シュナママさんのところの記事もあとでゆっくり
読もうと思います。greendog さんは色んなところにアンテナ張ってるんですね。

あわさんへ

そうなんですよねー 当時は何も見えていなかったな~って思います。
こういうところがネットの怖いところでもあるんですよね。 今考えると
マスコミをうまく利用していて 私たちも ただ犬がかわいそうって
うわべだけで 即 ブログに色々書いたりして・・ とても反省してる。

十を聞いて一を知る~ じゃないけど 色んな情報を咀嚼してから
人に伝えることをしなくては、間違ったことや印象を与えてしまいかねない
と勉強になりました。

寄付なども 自分が信用できると思った本当に小さな小さな 少人数で
活動をされているところにしか しなくなったし。
あるいは どんなところを支援するにしても 自分個人の責任において
やらなきゃイカンな、と。 
ああ、私こそ何が言いたいのか・・ とにかく 不幸な犬がいなくなれば
このような輩も出てこないのだから 何かいつか 自分が動きださねば
なかなか正しい見極めのできる目も養えないなと ヒシヒシと感じてます。

多分、greendogさんと同じ様に思われている方は大勢いるのではないでしょうか。
私はあちこちの犬ブログで、広島ドッグパークの事を取り上げられていた頃は、あえて取り上げませんでした。
たまたま、レモンを迎える前に札幌に動物愛護団体はないのかと探していた頃、動物愛護団体の寄付金詐欺が札幌であり、その当時まだ全てを明らかにしようと戦っていらっしゃる方による、それまでのいきさつを記したサイトを発見したからでした。
その当時、まだブログを始めていなかったけれど、そのサイトを読んで思ったのは、その団体を信じて呼びかけなり寄付なりボランティアなり、とにかくどんな形でも協力してしまった形になってしまった皆が傷ついてしまう事。
私はその時に、もしブログを始めても、自分の体験していない伝聞だけが頼りの事は、特に金銭が絡む事は書かないと決めました。
ただそれが良いこととも思えません。
そうして皆が慎重すぎては、助かるものも助からなかったりすると思うのです。
悪いのは、やはり騙す人です。
この広島のことは、マスコミなどに取りざたされたせいで、一般の人にもあらゆる動物愛護団体に対する不信感を持たせたという事で、本当に性質が悪い。
いや、正直な所、こう離れていては、どれが真実なのかもよく分からないのですが。
動物愛護団体が悪い所ばかりではないと思います。
http://www.chibimaru.net/with-dog/index.html
↑ここなんかは、既に終結した所ですが、きちんとHPを運営管理されていない愛護団体なんかは、お手本になるのでは思ったりします。
どこが信頼に足る愛護団体なのかを見極めるには、自分の目を肥やしていくしかないのでしょうね。
上手くまとまっていなくて、長々失礼しました。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

探しています!

プロフィール

greendog

Author:greendog
遊びに来てくれてありがとう!
ひと言コメントいただければ
嬉しいですぅ~~!♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。