Happy-Go-Lucky2

犬や猫などのペット話、 日常のヨタ話を気ままに綴っています。

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夏に思い出す犬のこと。

だいたいどこのご家庭でも今頃の時期から
色んなお薬でノミ対策をされると思うのだが
毎年この時期になると思い出す犬がいる。
思い出す、と言うても実際にその犬に私は
会ったこともないのだが・・
『ノミ』と言うキーワードで思い出してしまう。


ウチの両親がまだ新婚だった時の話で、兄貴さえ生まれていないので10年や
20年どころ前の話ではなく、もっともっと ず~~っと前の話。

そのころも一軒家(古い)に住んでいたそうで両親のほかに祖父母と犬が3匹で
暮らしていたらしい。 以前にも書いたことがあるが私が小さい頃もスピッツが
いたのだが(母がスピッツ好きで) 当時はスピッツの親子2匹と今で言う
レトリバー系の大型の雑種1匹を一応は外犬なのだが(外に犬小屋があった)
家の中に入れて一緒に布団で寝たり・・と8割がたは室内犬のような暮らしを
させていたところ茶色い日本犬風の雑種犬が迷い込んできて、庭で空家に
なっていた犬小屋に住み着いてしまった。

大の犬好きの母と祖母のこと、昔なので残飯だがその茶色い犬をかわいそうに
思ってご飯をあげたりしていたそうなのだが、長期間さすらっていたせいか相当な
『ノミ』や『ダニ』が体についていたそう。  その犬が間借りしてた犬小屋は
白いペンキで塗装してあったにもかかわらず遠目から見るとグレーに見えるほど
『ノミ』がたかっていたそうだ。 今のように体に直接たらすような薬などあるわけ
ないし当時は毎日こまめにブラッシングしたり洗ったりして、人間が手でノミを
とっていたそうなので母たちからすると、家にいる3匹に『ノミ』などがうつっては
大変だと ない知恵をしぼった結果、茶色い犬がフラリと出て行ったスキに庭に
あった3つの犬小屋をたかっている虫ごと燃やしたそうだ。

ご飯は朝晩 その子にもちゃんとあげていたので追い出すつもりなど全然なかった
のだが その犬がまたウチへ戻ってきた時にはもう犬小屋は焼かれてなかったのだ。
もともと野良犬が勝手に住み着いたとはいえ・・その犬にとっての安住の小屋が
なくなっていたからか、またフラリと出て行き二度と戻ってはこなかったそう。

父はその犬に新しい小屋をと、近くの工事現場から廃材をもらってきていたのに。

で数週間後、何軒か先の家の縁の下でその犬は亡くなっていたそうで・・
何かの縁だからと両親が近くの山(今のように建てこんでおらずハゲ山のような
場所がいっぱいあった)にお花とオカカご飯と一緒に埋葬したそうだ。

この話は10年くらい前に聞いたのだが、初夏になりフィラリアのお薬やノミの
お薬をリュウタに処方する頃になると不思議と思い出し、なぜか泣けてしまう。
実際に自分はその犬を全く知らないのだが、姿形を思い浮かべてしまう。
最終的にはウチの家の子にするつもりだったらしいけど、犬小屋がノミの温床に
なっていたので先に始末した結果 その子はまた行き場がなくなったと思い込んだ
のかも知れない。 ノミがたくさん体についていて弱っていたのかも。
ウチの家ではご飯をもらっていたけど よその家ではもらえなかったのかも。
あまり遠くへ行っていないところで亡くなっていたと聞いてよけいに泣けた。

何十年も前なのに家の中にあげてもらって飼い主と同じお布団で寝ていた3匹に
比べ放浪の野良犬とはいえ悲しすぎる最期。
以前はどこかで飼われていたかもしれない茶色い犬。
毎年 本当に・・夏が近づいてくるとこの子のことを思い出す。
きっとその子はどことなくリュウタに似ていたような気がして仕方がない。 
スポンサーサイト

コメント

sheさんへ
ね~ わかってくれるでしょ~!
どんな犬も好きでカワユイって思うんだけど柴と一緒に暮らしてると
どうも・・茶色い犬でオマケに日本犬系の雑種ってきくと
家の子の姿を思い浮かべて、身につまされちゃうよね?

昔はこんな野良犬多かったから、その中でもまだ人間に
多少なりとも優しくされてよかった・・って思う反面、小屋が
なくなっても庭にいてくれさえしたら最期はもっと違って
いたんやないかな~ とも思いますね。 この子の分まで
私たちは家の子をかわいがりましょうねっv-22

さゆりさんへ
私がこの世にまだ陰も形もない頃のことですから、相当な大昔のことです。(笑
当時はこのような野良犬って多かったんだと思いますね~
ウチの親もご飯をあげたりして犬との距離をはかっていたみたい
だけど、もう少し早く距離が縮まっていたらなぁ・・って
思うとやはりせつないですね。 茶色い犬だったって聞くと
即リュウタを連想してしまい、毎年思い出しますのよ。

アハハ リュウタがその子の生まれ変わりのはずはないとは思うけど
リュウタがまだ若犬で超がつくほど極悪だったころはオヤジなんて
噛まれては、あの犬がリュウタにのりうつって、家の子にすぐ
してくれへんかった仕返しをしとんや~っ!なんて言うてましたがね~

せつないですぅ・・・。
茶色い犬って言われると、尚更感情が入ってしまう私。

でも、そのワンちゃん。数日間でもgreendog一家と一緒に居られて
ご飯ももらえて、埋葬までしてもらって・・。
放浪犬だったけど、最後は飼い犬と同じ様な
思いをできたんじゃないかなっ。


これは…なんとも切ないお話しですね…
純文学の短編小説に出てきそうな感じ…。

その子の犬生については誰も何も分からないけれど、最後の数日間に人間(家族)と触れ合えたのは幸せだったんじゃないかなぁ。
人間の憶測だから分からないけれど
犬小屋が無くなってしまって出て行ったのだとしたら、greendogさんの家族とのすれ違いがなんともいたたまれないです。

もしかしたらリュウくんがその子の生まれ変わりなんじゃ?なんて思ってみたり。
その子が次にこの世に生を受けたときは
幸せになってるといいですね。

kokoさんへ
ウン せつないでしょう~v-406
今も昔も、犬でも猫でも放浪してる子はね。
もう少し長くウチの庭のへんをウロウロしてたら、洗ってもらって
家の子になれたかもしれなかったからさ~
現在 ウチでまるで王子様のような暮らしをしているリュウタ
を見ているとついつい『ノミ』の時期は思い出してしまうの。

しかも茶色い犬だったって言うからね。
今は野良犬自体は減っているかも知れんけど飼い主自身が
わざわざ管理センターにもちこんで処分を頼んだりするって
言うのも多いらしいよ! なんで最期まで責任がもてないんか
信じられへんよねぇ・・。v-390

G3さんへ
う~ん 別に後悔したり悔やんでるわけではないんですよー。
ただ、この時期になるとこの犬のことを思い浮かべてしまうってだけで。
もともとウチの母もオヤジさんも私なんぞに比べると、年の
わりにはかなりドライなほうでして・・この子がウチの家の子
になるタイミングがずれただけって言うてますしね。

自分がリュウタを猫っかわいがりしているせいか、その昔
ウチの家族になっていたかもしれないその犬があまりにも
不憫に思えたので。(ま、今も不幸な子はいますけれど)
今現在のリュウタも何度生まれ変わっても私の元に来て
また一緒に暮らすって勝手に思ってます♪

あわさんへ
あわさんの冬に思い出す犬って以前 書かれていた滑り台の上に
座って動けなくなっていた犬ですか? あのお話はあわさんの
イラストつきだったから私もすごく印象に残っていますよ!

この犬に対しては私が生まれる前の話のわりには、どうも
茶色い日本犬系の犬だったと聞いたせいで妙に想像がふくらんで
しまって毎年 思い出してはせつないような気持ちになってしまうんです。
この犬は不幸な最期だったけどよ~く考えるとこのころって
野良犬・・ってゆーか放浪してる野犬ってかなり多かった時代だと思うんですよねー
今現代は迷い犬以外の野良犬って昔に比べると減っているはず
なのに管理センターで処分される子の数は多いままなのが、なんだかな~v-390

なんかせつなくなるね・・・
野良ちゃんのためを思ってやったことだし、思いがちょっと通じなかったんだよね。
短い間だったのかもしれないけど、野良ちゃんも幸せだったと思うよ。

愛情いっぱいもらえる犬もいれば、かわいそうな犬もいっぱいいるんだよね。
みんな優しい気持ちで最後まで責任もって犬と過ごして欲しいよ。

 こう考えたらどうでしょう。
その放浪犬がリュウタ君に生まれ変わって、再びgreendog様宅に訪れてきたのだというのは・・・・。
 もう取り返しのつかない過去を悔やんでも仕方ないじゃないですか。greendog様のご家族の方もそのワンちゃんのために出来る限りのことをされたんですし、その子も幸せな気持ちで旅立ったんだと思いますよ。

 その子の分もリュウタ君を可愛がってあげてくださいね。

小さい頃から年季の入った犬好きには、誰しも忘れられない犬の1匹や2匹はいるものですね。
私には冬になると思い出す犬がいます。
以前記事にした事があるのでご存知かもしれませんが。
greendogさんの心の中には“夏の犬”がいるのですね。
忘れられないあの子達がいるから、せめて今手元にいる子だけでも自分の手で幸せに、という気持ちも一際強くなりますよね。

★ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

りぼんねこさんへ
りぼんねこちゃん、全然私は優しい人間なんかではないですよ・・。

この時、母も父も家の子にしてあげてもいいって思っては
いたけれど、犬自身を先に洗ったりせずに犬小屋の始末をした
ってゆーことは真っ先に自分ちにいる子のことを考えたからだと思う。
今、家にいる子の健康に害をおよぼさない環境にしてから その犬・・
ってことやったんやと思う。 
でもそんな人間の気持ちなんて野良ちゃんだった犬に伝わるわけないもんね。

この子に思いをはせて涙するものの、どんな子がさまよっていても
リュウタに影響があれば今の私は世話するかどうかなんてわからんもん。

多分自分なら キレイ事を考えるだけで出来ないから余計に泣けるのかも・・
って思うんだ。 
考えたり思うだけではいつでも何もはじまらないのはわかってるんだけどね。

<悲しい話ですね。
でも少しの間だけでも、greendogちゃんのお母様とお祖母様に優しくしてもらってその犬も幸せだったと思います。
ノミも沢山つくと、病気になるって聞きますから、その犬も既に病気に掛かっていたのかもしれません。
現代になって、放浪の犬は、少なくなったことと思いますが
可愛そうな話や残酷な運命をたどる犬は
むしろ増えているようにも感じます。
ウン十万のお金を出して、買われたのにも係わらず、もう飽きてしまったからと
捨てられる犬や
保健所は可愛そうだと言って、人里離れた山の中に捨てられる犬。
今更、野生に戻れるわけも無いのに…。
greendogちゃんと同じで、犬狂いの私は
そんな犬達の話を聞くと
やはりdogちゃんと同じように
涙が止まらなくなってしまいます。
世の中の犬を飼う人が、皆、greendogちゃんみたいに優しい人ばかりだと良いのにと
思わずにはいられません。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

探しています!

プロフィール

greendog

Author:greendog
遊びに来てくれてありがとう!
ひと言コメントいただければ
嬉しいですぅ~~!♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。