Happy-Go-Lucky2

犬や猫などのペット話、 日常のヨタ話を気ままに綴っています。

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日はシャンプー&病院

       DSCN2341.jpg     

今日、シャンプーに行ってきたのでこころなしかお腹やあごのあたりが真っ白
になってるのわかる?むかって左はかわいく笑っとうけど右の写真はその
2秒後くらい。ちょっと顔が怒り気味になってきたところ。

リュウタは耳が悪いのでシャンプーをした後は耳に水とか入れられていたら
困るので(過去にそれでひどい目にあった)その後は必ず獣医さんでお耳の
洗浄をしてお薬を点耳してもらう。
ここ10年くらい続いているのだけど、今日は・・ウチがお世話になっている病院
は診察してもらう部屋の横がガラス張りでその向こうに入院してる犬や猫が
いるのが見える。先生が異変に気付けるようにとのことやと思うんやけど
今日はリュウタと同じ柴ちゃんが入院してて・・点滴をしてもらい苦しそうに
ハァハァした息づかい・・先生に聞くと16歳だそう。
先生は普通に柴ちゃんくらいで16歳なら超長生きですよ、って言われてた。
近所の柴犬は4匹いたのだけど全員16歳を過ぎた頃に亡くなった。

なんとなくいつかは・・の覚悟はしとうけど、今日の苦しそうな柴ちゃんを
見るとあと3年たつとリュウタもあんなになってしまうのかな・・仕方ないこと
って思いながら悲しくなってしまいました。 次に病院へ行ったときには
あの柴ちゃんどうなりました?って聞いて「元気になって退院しました。」
なんて答えが聞けたらいいのにな。
スポンサーサイト

コメント

★ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゴン太ままさんへ
お帰り~ 楽しかったかい~?

病院で息もたえだえの子を見ちゃったからちょっとまたいらんことを考えちゃった~
もしリュウタが亡くなったら私もゴン太ままやまりんママの
ように里親になって、行き場のない子を引き取ろうって思う気が
すごくあるのに、リュウタ以外の子をかわいがれるか自信もないし
迎えられるかどうかもわかんなくなってきた。
その日がいつか来るってわかってても来て欲しくないよ~v-406

リュウタが何にか言いたげなのはね、「も~ ええかげんに
写真撮るのやめてくれへんかな・・ハァ・・」とか思ってると思うよ。

Tenryuさんへ
Tenryuさんのように考えられたらなぁ~と思います。
やはり医療の現場で働く人って昔から(子供のとき)そういう仕事に
つくっていう強い意志がある人が多いですよね。
そのくらいの分別と意識がなければ絶対につとまらないと思うもの。

私は昔、動物病院で少しの間働いていたことがあるのですが
嘆き悲しむ飼い主さんと一緒に泣いてばかりで全然仕事に
なりませんでした・・。先生の奥さんが「そのうち慣れるよ」って
励ましてくれましたが慣れるのも怖くって・・根性なしなんで
結局続きませんでした。人間と動物は違うのかも
しれないけどTenryuさんのように長くそういった現場で
色んな経験をつんでいないし、なかなか達観できるようには
なってません~ 修行が足りん~?

ありがと!写真とかだけだけど、まだまだTenryuさんにかわいがって
もらえるように健康に気をつけてあげたいと思います!

シュナままさんへ
ウン・・でもきっと犬が死んじゃったらそれを受け入れることって
私にはできる自信がないです。完全に自分が依存しちゃってるから。
多分仕事も辞めてしまうような気がする。
辞めるというより仕事になんなくてクビにされるかも。
あと数年のうちに強じんに精神を鍛えておかなくては・・・v-404

りぼんねこさんへ
わかるわかる~!私も、まだリュウタが若い頃からもしこの子が死んだら・・
なんて電車の中とかバスの中とか、なぜか通勤途中によく考えちゃって
朝から泣いてたことよくありましたもん。
今はだんだん年がいってきてるのである程度の覚悟はしてる
つもりですが病院で同犬種の老犬が苦しそうにしてるのを見ると
やっぱり・・なんか不安になっちゃいますね。ウチの犬だけは
死なないんじゃないかなんて思った時も(犬が若いとき)あったんですけどネ。

リュウタくん、なんか言いたげな顔してるね

別れの時の事を考えると胸が締め付けられるよね
でもどの子もいつかその日は必ず来るんだから、後悔しない犬との過ごし方しようね (と、日々自分に言い聞かせてます)

★ さっぱりしたね~リュウタくん!

こんにちは~!
関東は湿気た天気が続きベタベタな日々です。
リュウタくんシャンプーしたらあごのあたりサラサラで気持ちよさそー。

命あるものは必ず終わりがきますし、形あるものは必ず崩壊します。
仕事柄ヒトや物事と無意識に距離を置くのが生きる術でした。
それはそれ、これはこれ、という感じでしょうか。
恋わずらいでも寝るときゃ寝るし、食べるときは食べる。
じゃないと身が持たない、だからヤセナイ。
室内で大事に育てていると寿命は室外犬の倍という論文を読んだことがあります。
リュウタくんはまだまだ元気ですよ~!

いつかは受け入れなくてはいけない事だからね。
否が応でも迫ってきてる。背ける事はできないんだよな・・・・
ここんとこブログで知ったわんちゃんが、立て続けに亡くなってるんだよなぁ・・・・
辛いね。
でもちゃんと受け入れて最後まで見守って「ありがとうね」って言ってやりたいね。君と出会えて幸せだったよって。そして、また会おうねって。
しっかりと伝えてあげたいね。

★ 本当にそうだね

<本当に飼い犬に寿命を分けてあげても良いから長生きして欲しいよね。
時々、ベッドの中でコタやタビが死んだらと想像すると、もうそれだけで涙が出てきてしまう(TT)
あの子達が死んだら、きっとノイローゼか鬱になる、って家族や彼チャンからも言われているし、自分でもその通りだと思うし。
前の旅助の事故の時も、全然眠れなくって、仕事とお見舞い以外は泣いていた様な気がするなぁ。
仕方が無いことなんだろうけど、一日でも長く側にいて出来るだけのことはしてあげたいなぁ。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

探しています!

プロフィール

greendog

Author:greendog
遊びに来てくれてありがとう!
ひと言コメントいただければ
嬉しいですぅ~~!♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。