Happy-Go-Lucky2

犬や猫などのペット話、 日常のヨタ話を気ままに綴っています。

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

49日によせて。

明日 12/1日、リュウタの49日です。


明日 きちんと記事が書ける時間があるかどうかわからないので とり急ぎ 思った
ことだけ 今日書いておこうと思います。

私の 可愛い可愛いリュウタが旅立ってから泣いてばかりでした。
あの子だけが生きがいだった・・勝手にそう思い込んでいただけなんだけど なんか
自分の生きてる意味もなくなったような感じで~

新しい仕事に行くようにもなったけど リュウタがいない生活は本当に昔のCMじゃあ
ないけれどクリープを入れないコーヒー~・・(古っ)みたいで、何を見てもため息
ばかりで楽しい気持ちにはなれませんでした。


でも私は生きている。

リュウタがいなくなった当初 2週間くらいは ほとんど食べれなかったけど~
今は食べれる。 お腹もすくしね。
痩せたのも 戻って かえって太ってきてる勢いが・・(T_T)
生きている、生きたいって体が、心が・・どっかで思ってるんでしょうね。
薄情と言うか情けないと言うか 自分に腹が立ったりもしたけど 毎日毎日、朝が
当たり前にやってくるって本当は幸せなことだったんだと 気がつきました。
手も足も動き、持病もない。 働けば 疲れ、お腹もすく。
ああ 私は生きてる~ とにかく~ 今、生きてるんだなって思いました。



先日 ↓の記事を読んで 心配してくださった方、本当にありがとう。
私は大丈夫。 ゴハンも食べるしお酒も飲むし 嫌々だけど(笑) 仕事にも行っているし 
『今』を生きています。たまには 立ち止まってリュウタを想い、涙することもあるけど
ずいぶん ふっきれたように思います。
これからだって いっぱい泣くし リュウタのことを思い出すし後悔の念もつきない
けれど あの子と出会えたこと自体がすごく幸せなことだったと思えるようになって
きました。  愛する子を失って悲しく辛く 寂しいおもいをしてるのは私だけでは
ないと・・ みーんな一緒。 それが 犬でも猫でも人間でもおんなじ。

明日 明後日 明々後日になったら また泣いて弱音を吐いているかもしれないけれど
とりあえず、49日を前にした今晩はそう思っています。


そしてね、リュウタより可愛い子は世の中にそういないと思うけど いつかね絶対に
またワンコと暮らします。 それが1年後か2年後か10年後かはわからないけど・・
リュウタのように 訓練士に匙を投げられ、一般的に手に負えないって思われる子でも 
一緒に暮らせる自信、あるから。 ガウりっ子だって~ 全然OK!

晩年は子犬のような甘えん坊になったリュウタ。
人には理解してもらえないこともたくさんあったもん。

いつか きっとリュウタと同じくらい愛することができる子と出会えると信じてる。



みなさん、明日 リュウタは本当にお空へ帰っていきます。
それからは ウチの家や仲良くしてくれた(数少ないけど)ご近所のワンちゃんのところ
やブログを通じて可愛がってくれて 気にかけてくれて たくさん励ましてくださったり 
応援してくれたみんなのところ、そのワンちゃんのところへ遊びに行ったり~  
これからは今まで以上に好き放題するんじゃないかな~
あちらの世界で 先に逝った子達と楽しく遊んで こっちでまだ頑張っている子の応援に
かけつけたり・・   そうであって欲しいとも思います。

私は明日も 普通に・・ 朝、パンを食べてコーヒーを飲んで面白くない仕事へ行って
きます。 色々 思うことはあるけど 一生懸命 生きてきます。

リュウタに笑われないようにね。
スポンサーサイト

泣きごと。

2008年2月24日のリュウタ。 
このときから2年もたっていないのに リュウタ、もう私のそばにはいません。



おとつい リュウタのことを想って 泣けて泣けて どうしようもなくてブログに泣きごとを
書いてしまって 翌朝 削除しました。
いつまでもこんなことばかり言ってたらあかんかなと思って。

色んな事を考える。
頑張って前向きになろう。
私がぐずぐず泣いてばかりいると リュウタが安心して良いところへ行けない・・。

ううん、可愛くて~ 愛して愛してやまない子が逝ったんだから 寂しいのは当然で
気がすむまでリュウタのこと、想って泣けばいい。

新しいワンコを迎えようか。
いいや、どんなにカワイイ賢い子がこようともリュウタのかわりにはなれない。
かわりにすること自体 その子に申し訳ない。

リュウタと暮らした16年間は楽しかった。
ワンコと暮らす幸せを教えてくれた。 ブログにリュウタのことをなんとなく書いていた
だけなのに たくさんのお友達ができた。
全部リュウタのおかげ。 感謝してる。

リュウタはいっぱい頑張ってくれた。
体が不自由になっても頑張ってもう一度歩けるまでになった。
一生懸命だった。 自分の犬生を生き抜いた。
偉かったよ。


だけど やっぱり~ リュウタがいないと私はダメ。
あの子だけが生きがいだった。
本当に・・ 毎日毎日 夜になるとさみしくて泣けて 毎朝 目を腫らしたまんま仕事に
行って・・ その仕事も当初 聞いていたようなものではなく、なんて私って可哀想って
自分で思うことも情けなくて・・
時間がたつと さみしい、悲しいって思うだけでなく 楽しかった温かい思い出を笑って
話せるときがくるかなとも思うけど それっていつ?
いつになったら 泣かなくてすむんだろう。

リュウタ、リュウちゃん、もう一度会いたいよ。
抱っこしたいよ。


もうすぐ 49日。
そして今年もあと1ヶ月くらいで終わってしまう。

どうしても前に進めない私がいる。

涙ってどんだけ泣いたら枯れるんやろう。
削除したくせに また同じような泣きごとを書いて、ほんまにアホやなー 私・・。

来た!?

15日の記事で リュウタ、夢にも出てきてくれないって書いたけど・・

今日(11/17)の早朝、私のところへ来たの~! ってゆーか私が勝手にそう思ってる
だけかも知れないけど。

リュウタが歩けなくなってから(去年の8月)ずっと 自分の部屋では眠らずにリビング
で一緒に寝起きしていた。 パジャマも着ず 何かあればすぐに起きて動けるように
普段着を着て ソファーで寝てて~   亡くなってからも部屋で眠ることができず
同じようにしていた。 リュウタのそばで寝ていたのは私だけだったんやけど いなく
なってからの1ヶ月間は 母もリュウタのそばにいたくて 一緒にリビングのソファー
で寝てたけど ソファーで眠るのはどうにも腰が痛く、昨日(11/16)の晩から 2階の
自室で寝ることになった。

リュウタが生きていた頃は 当たり前のように寝ていた場所がリュウタもいなく、
母も以前のように2階で寝るとなると 狭~いリビングが妙にだだっぴろくて
心細く感じられた。 リュウタのお骨を入れた小さなカプセルを胸のあたりでギュっと
握りしめて眠ったんだけど 朝方、不意に腕にずっしりと重みを感じた。
そしてね、なんだかフンワリ柔らかいな~って思ったの。
んで、フッと目が覚めて携帯の時計を見たら5時ちょっと前だった。
寝ぼけながら リュウタが来たんだ~って思ってまたウトウト。 

昨日の晩(11/16)から さすがに普段着を着て寝る必要もなくなったので 久しぶり
にパジャマを着て寝た。 パジャマと言っても 黒いスウェット上下。
着たときにはついてなかったと思うのに~ リュウタ?って思ったあと 6時過ぎに
毛布を持って2階の自室へ戻ってから気がついた。  パジャマに毛が・・
リュウタの毛が数本ついてる! 夜、お風呂あがりに着替えたときにはなかったのに。
もちろん 犬と暮らしてたんだから 家中どこかしこに毛が落ちているのが当たり前。
キレイに掃除しても 落ちてたりするはず。 だけど・・ だけど!


そして ほんのさっき 母に聞いたこと。
昨夜2階の自室で1ヶ月ぶりに眠り、朝6時前に降りてきて 洗面所にはいったとき
足元で(膝くらいの高さあたりで)クスン、クシュンって音が聞こえて~ 
思わず振り返ったけど 当然 誰もいなかったそう。
その音って言うのは エンジンがかかったまま止めてある車の排気ガスやタバコの
煙を吸ったとき~ 匂いに敏感だったリュウタがよくしていたクシャミのようなしぐさ。
クスン、クシュンってよくやってたの、リュウタ。
ウチはリュウタが煙が苦手なんで みんな台所の換気扇の下でしかタバコを吸うこと
ができなかった・・ 朝 父に話すと鼻で笑われたので(父は現実主義でこのような
ことを一切信じない人)すぐに言わなかったそう。

リュウタは確かに ウチにいるんだ!って思った。 
私と母がいつも もう一度リュウタに会いたいとか 抱っこしたいって言っているから
夢うつつに勘違いしたって言われるかもしれないけど・・ あの柔らかい感触と重み
は絶対にリュウタだったと、なんだかわからないけど そんな確信がある。

あの子 クールやし必要以上にかまわれるのが嫌いやったけど~
やっぱりそばにいてくれるんかな? これからもずっと一緒にいてね、いようね!って
言うとかんアカンかな~ 気まぐれやから(笑)

私や母の勘違いかも知れんけど~ 
リュウタやったって なんでか妙に確信があるんよねー 
いや、リュウタやったに違いない! そうリュウタが会いに来てくれたに違いない♪

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

先日 いつもお世話になっている龍馬くんのママ うなパイさんから
またまた素敵なプレゼントをいただきました。
DSCN1879-2.jpg

浜名湖立体花博に行かれたときのお土産、カステラとローズキャンヂィ。
干しいもにハチミツ飴。 カップつきのコーヒー♪
かわいらしい柴川柳のカレンダー☆

ネットの波にのる夜長、おいしくいただいております!
カップ、すんごいかわいいんですよ~
DSCN1885-2.jpg

そして そして~~ リュウタのストラップ!
めっちゃ カワイイ~♪ もったいなくて キレイにとっておきたいくらいです。
父がいまも くれくれとうるさいのです・・ 
うなパイさん お心遣い本当に嬉しいです。 いつもありがとうございます。
DSCN1888-2.jpg

物想う。

家にぼんやりしてると リュウタのことばかり考えてしまう。

今日は11月15日。 リュウタが旅立ったのは10月15日・・
なので朝から 当日のことを色々思いだしてしまった。 
早朝から具合が悪くなって~ 8時半頃 家を出て病院へ連れていったこと。
11時過ぎに帰ってきて その頃はまだワンワンないてたな~とか。
お昼ゴハンは嫌がって食べなくて お水だけ少し飲んだな・・ そのあと静かになって
眠っていると思ってたのが しんどくて意識朦朧となってたの、気づいてやれなかった。

なんだかんだ言っても リュウタは良く頑張ったし あの時 獣医さんが重篤な状況
だと気がついて対応したとしても 助かったかどうか(高齢犬だから)わからないし
もう 仕方のないことだとよくわかっている。
なのに 何もすることがない休日はそんなことばかり頭の中をグルグル。

気晴らしに散歩へ出たけど リュウタと歩いた道ばかりなので結局 涙
去年(2008年)の春。 14歳と8ヶ月、まだ元気で歩けていた頃。
コロンとしてて かわいかったなぁ~

毎年一緒に歩いた桜並木の下、この年が最後になってしまった。
ここも 今は葉っぱが黄色から赤くなって 半分くらい落ちてしまってた。

忙しくしてないと 感傷的になるとゆーか ひたってしまうのでアカンなぁ。

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*☆*――*☆*――

不思議だなって思うこと、みどりんさんがリュウタのことを記事にしてくださったので
それを読んでくださった方は知っていると思うけど リュウタが亡くなった10月15日
夜9時25分、ちょうど同じ時刻にみどりんさんから メールが届いていました。
ルナたんにゴハンをあげているとき ふとリュウタのことが気になって(朝から具合
が悪いと言っていたので) 中断してメールを送ってくれたんだそう。
後でリュウタがルナたんやみどりんさんに挨拶しに来たと思われたそうです。

そして 以前わざわざ神戸に遊びに来てくれたブログ友、ゴン太ままさんも。
携帯にメールをくれたんだけど・・ ゴン太ままは新しい仕事についてからは忙しく
て PCをさわるひまもあまりなく、ブログ自体も2008年の3月以降 更新もされて
なかったんだけど なんとなく、本当に久しぶりにPCを開いたら リュウタのお別れ
の記事だったそうです。 こういうの虫の知らせって言うのかな?

あともうひとり 昔から仲良くしてくれている りぼんねこちゃん。
10月になってから モデムが故障したらしく ネットに接続できなくなっていたそう。
新しいモデムを注文しなきゃと言いながら 何度かつながってるかな~と試みたり
していたけどつながらず・・ 偶然たった1度だけつながって、そのときにリュウタ
の訃報を知ったそうです。  その後はまたつながらなくなって 新しいものに交換
したと先日聞きました。

やっぱり リュウタが何かを知らせに行ったような気がします。

でも・・

でも でも まだ私のところへは現れてくれないね。 夢にも出てきてくれないし。
リュウタは 昔から干渉されたりベタベタされるのが嫌いやったもんね。

勝手なんやから~! 
介護生活してるときは めっちゃ甘えて撫でろ撫でろって言うてたくせにさ。


リュウタがいないと さみしいよ。
リュウタの姿が見えないと さみしいよ。

ハンドタオル。

リュウタの使っていたものは マットレスと体を支えるのに使っていた枕以外、まだ
整理せずに置いているんだけど小さなものはいつも持ち歩いてます。
見覚えのある方もいると思うけど あご枕に巻いていたハンドタオルとくつ下。
ハンドタオルも8枚くらいあったのに 亡くなった日、病院からの帰り道 車のなかで
舌を噛んでしまい 血が流れ出たのを拭くのに使い捨ててしまったので残っているのは
2枚だけ。 くつ下も荼毘にふすとき3足も持たせたので これとあと1足だけ。 
DSCN1877-2.jpg


亡くなる2日前。 このハンドタオルとくつ下を使ってたな・・
DSCN1583-2.jpg

そしてもう1枚残っているハンドタオル。

ちゃんと洗ってるんやけど~ 犬と暮らしている方なら みんなわかるよね?
きっちりお掃除しても どこかしら犬の毛が落ちてたり 洗濯しても(特に毛布とか)毛が
ついていたり、なんてことよくあるよね。
これも 洗濯して干して といれてたたんでいたものをよく見てみるとリュウタの毛が!
俺はまだ ここに(家に)おるで~って主張してるようで発見した時は嬉しかった~~

匂いは柔軟剤(レノア)の香りしかしないんだけど いつもリュウタにかけていたタオルや
薄手の毛布も同じように洗った後はレノアしていたんで リュウタの背中をクンクンすると
レノアの香りがしてたの。 だから 犬の匂いも懐かしいんだけどレノアの香りをかぐと
リュウタの匂い~って思っちゃう(笑)
このハンドタオルも毛がどっかいっちゃわないように 大切に保管してます。
DSCN1875-2.jpg
リュウタのものはとにかく、何でも愛おしい。
使っていたもの全てがリュウタそのもの。




見かけによらず お花が好きだったリュウタ。
もらいもののお花がたくさんあっだけど 傷んできたので 新しいものを父が買ってきた。
オヤジなのでアレンジメントにしてもらうとゆー考えはなかったらしく 切り花を適当に
選んで買ったらしいけど~ ユリ・バラ・カーネーション・かすみ草・菊ってどうよ。
よく見たらガーベラもはいってるやん 色もめちゃくちゃやし(笑)

このあいだ近所の方にりんどうとユリをいただいたのだけど それだけではさみしいって
言うんでオヤジが買ってきたのが・・バラ。 りんどうとかユリの和花にバラ? 薔薇?
おっさんアホかー 
DSCN1866-2.jpg

ちょうど亡くなって1ヶ月。 毎日毎日が長くて もう、ではなく まだ、1ヶ月。

リュウタを想って泣かない日がくるのはいつのことだろう。

日向ぼっこ。

今日は抜けるような青空が広がっり 見事な秋晴れ~
リュウタにも日向ぼっこさせてあげました。
リュウタ、ここで日向ぼっこしながら お昼寝するの好きやったもんね♪



ほらね、日にあたりながら いっつもまどろんでましたよ~
20070321200307.jpg 20070321200231.jpg DSCN3589.jpg

晩年も。
DSCN0807-2.jpg

リュウタがいないと 家の中がガランとして・・ とっても広く感じられるよ~(ノ_・。)クスン



:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・



昨日 ブログ友のシュナままさんがリュウタにお花を持って来てくれた。
DSCN1863-2.jpg

リュウタが旅立った直後 シュナままにはとても優しく励ましてもらったのに・・
その6日後 シュナままのかわいい娘、シュナちゃんも12歳のお誕生日を前にして
逝ってしまいました。 シュナままのところにはシュナちゃんの娘の風香ちゃんがいるん
だけれど それでも、シュナちゃんがいなくなってあいた穴は大きくて~ 
リュウタとシュナちゃんの話をいっぱいしました。
お互いに元気出そうね、出さなきゃねって言い合って・・ 難しいんだけどね。

そして今日はいつまでも 必要以上に出歩かず、家で暗~くリュウタの前に座って
ばかりいる私を妹たちがお昼ゴハンに連れだしてくれました。
お昼ゴハンって言っても 近くのクルクル寿司
なんだかな~・・ 魚介類が嫌いな私になぜ寿司?って思ったんだけど 昔 上司に
連れられて高級なお寿司屋さんはいったことあるけどクルクル寿司はいったことが
なかったのでちょっとテンションがあがりました(笑)
でも食べたのは ツナ軍艦と梅キュウ巻のみ。 ってかそれ以外食べられるものが
なかったし~ (T-T*)

リュウタがいなくなって3週間以上たったけど 何も変わらない。

泣いてばかりだけど 本当は早くそこから抜け出したい気持ちもある。
悲しくてツライんだけど しっかりしなきゃって気持ちもちゃんとある。
でもなかなか・・どうにもできない。

月曜日から新しい仕事に行く。
果たして自分に合うかどうかわからないけど~ 頑張りたい、いや 頑張ろう!!










いつの日か。

今日 リュウタの彼女ルナたんのママ みどりんさんから心のこもった たくさんの
贈り物をいただきました。
食いしん坊のリュウタにと 以前もいただいたことのあるとてもおいしいフィナンシェと
焼き菓子。 そしてお香(線香)も。
さっそくお供えしたよ~ リュウタ、きっと大喜びしてるね。


5月に遊びに来てくれて ルナたんとデートしたときの写真。
四ツ葉のクローバーのはいった 可愛いフォトスタンドにいれてくれて・・
ほんの半年前のことなのに 懐かしくて~ あの時は楽しかったなぁ。
DSCN1839.jpg DSCN1844.jpg

そして・・ リュウタの写真をいっぱい使ってわざわざ 作ってくださったカレンダー。
みどりんさんの優しい真心が感じられて 嬉しくて泣いてしまいました。

ブログをさかのぼって色んな写真を探して使ってくれて・・
DSCN1846-2.jpg

12ヶ月分 12ページあるので全部紹介できないけど どの写真も私が自分で撮ったもの
なので 季節も(何月ごろとか) リュウタが何歳くらいのときだとか・・ 寝たきりになる
少し前だとか、 病気になってからでも まだ元気だった頃だとか 1枚1枚全ての写真
を記憶しています。 リュウタがいなくなってから こんなにたくさんの写真を見ることは
なかったんだけど 撮ったときのことを鮮明に思い出して涙がとまりませんでした。
DSCN1847-2.jpg

DSCN1848-2.jpg

DSCN1850-2.jpg

DSCN1851-2.jpg

DSCN1852-2.jpg

リュウタ、本当に可愛かったな~・・ このカレンダ-を泣かずに毎月毎月リュウタに
会えるのを楽しみにめくれるように早くなりたいな。

ブログのお友達とはみんなリュウタがつないでくれた。
リュウタがいたから たくさんの人と仲良くしていただけるようになった。

リュウタが亡くなって キレイなお花を送ってくださった方、お供えを送ってくださった方
優しい励ましのコメントを書いてくださった方、心配して電話やメールをしてくださった方
みんなみんな 知り合えたのはリュウタがいたから。
ありがとうね~ リュウタ。
そして いつも優しく見守ってくださるブログ友のみなさん、ありがとう。

リュウタと同じ子はどこを探しても もういません。
だけど 永遠に私の心から消えることも 記憶がうすれることもありません。
リュウタがいないこと、失ったことによる寂しさも辛さも簡単には癒えないと思います。
きっと49日が過ぎたって 3ヶ月たったって 今のまんま。
でもいつかは私自身が自分で乗り越えなければいけないことだと・・。

いつまでもグズグズ言ってるかもしれないし、くじけそうになってばかりかもしれないけど
見捨てないで 私がはいあがるまで待っていてね。

リュウタとの日々を笑って楽しく話せるときがくるまで。

探しています!

プロフィール

greendog

Author:greendog
遊びに来てくれてありがとう!
ひと言コメントいただければ
嬉しいですぅ~~!♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。